HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  2013年北海道ツーリング  »  2013夏 北海道ツーリング その6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013夏 北海道ツーリング その6

も減って来たので紋別へ繰り出す、ここコムケ国際キャンプ場は湧別と紋別の間にあり、

若干湧別の方が近いのですが、キャンプ料金を払う時に管理人のおじさんにどちらが食事処あります?

と聞いたら、『紋別だね!湧別はあまり無いよ』と教えてもらったのでした。

店指定は無かった、ここが美味しいよとか一言あれば良かったのですが。

天気が心配なのでカッパをザックに入れ出発した。

私の腹づもりでは、港で漁業関係者がいつも食べる、ちょっと小汚い食堂で、

今日上がった魚で新鮮プリプリを食べれる。

そんな店が理想だなぁと思い港へハンドルを向ける。

港近くに到着したが何もない雰囲気、港から2~300mくらい陸側には食事処やレストランなど在るみたいだ。

メイン道路沿いに大きい看板があった、ただそう言うお店じゃないんだよなぁ。。。

最悪無ければその店に行こうと決めた。





港の中ほどに来た時、のぼりがパタパタとはためいていた、

小汚くは無くきれいな店舗、理想的な雰囲気!ここに決めた。






DSC_0093_R.jpg





店に入ると威勢の良い兄ちゃんがカウンター席に案内した。

marutomi2.jpg
Webより拝借
小上がりは満席だった、カウンター席はおじさんが一人レジ隣に座っていた、

私は入口側の一番端に座り(写真左端の席)、ヘルメットとジャンバーを隣の椅子の上ではなく足元に置いた。

活気があって、直ぐにお客さんで一杯になりそうな雰囲気だった。

確かに、注文した料理が届く頃、出張中らしき中年サラリーマン2人が私の横の席に案内され、

すぐに3~4人の家族連れが入って来たが、本日予約が入っている為、満席ですと断られた。

先のサラリーマンは2人は、良かったラッキーだったと何度も喜んでいた。

内心、自分も帯広豚丼事件の二の舞にならなくて良かったと喜んだ。

このブログを書くにあたりWebで調べたら、座席数100(個室、掘りご たつ、座敷有)とあるので

奥に座敷があるのか、2階があるのか判らないが、大きな盛況な店だという事が判りました。

ちょっと怖そうな、店主なのか40後半位の板さんが、若い兄ちゃん2人にてきぱきと指示を出しながらも、

作ってくれたのがこれです!







じゃぁ~ん!






DSC_0091_R.jpg

DSC_0090_R.jpg



もう最高!

ぼたんえびは春が旬だとWebで調べたら出ていましたが、とても冷凍ものとは思えない美味さです。

お土産で冷凍ぼたんえび買って食べましたが、全然違いました。(解凍方法の問題かな?)

いくらもプリプリだし刺身も美味い、あら汁も美味かった。

やっぱ海鮮は北海道にありだなぁ~。

生の大が飲みたぃ~!


お会計1,500円也 満足じゃ!



【PR】
よってけまるとみ
とれたての美味しさをその場で味わえる!安くてうまいメニューが盛りだくさん!紋別の味覚をご堪能下さい。
ご宴会やご会食も承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。
●TEL・・・・0158-24-1188
●営業時間・・・AM11:30~PM10:00 (オーダーストップ/PM9:30)
●定休日・・・・年中無休



至急アルコール注入しないと大変な事になりそうなので、コンビニ行って酒とツマミと朝食を買ってキャンプ場に戻る。

ここ、コムケ国際キャンプ場の口コミでは、蚊が凄く多いと書かれていた。

しかし今回はほとんど居なかった、風の影響かな?虫よけ対策はしたけど余り出番が無くて良かった。

酒を飲み酔いが回り、静かなキャンプ場でぐっすり寝れた。


かな朝を迎え早々に撤収し、今回の目標林道である美深歌登大規模林道いわゆるスーパー林道を目指す。

その前に、昨日食事に行く時に看板見て、ここでお土産を買おうと決めていた直売所。

朝8:00ちょうどに直売店の前にバイクを停めた。

当然客は私ひとり、おばちゃんも店を開けたばかりであたふたしていた。

monbetu baiten2_R
botanebi2.jpg
kani.jpg
こんなもんあんなもん、親戚や自宅に宅配で送る
36,275円也


【PR】
身肉がびっしりと詰まった、水揚げしたばかりのカニは、即、生きたまま茹で上げ、冷水でキュッと締めるのが一番贅沢でおいしい食べ方です。
その「真の味」を全国の皆様に味わっていただきたい。そして、そのこだわりが映える、数々の海産品も皆様の舌で確かめていただきたい…。
製品すべてが工場直送。鮮度を逃さないスピードと、熟成期を見極める職人の技、そして衛生的な生産管理体制。徹底した味への探求心からマルカイチ水産の製品は生まれています。
この機会に、ぜひマルカイチ水産の味わいをお試しいただけますよう、お待ち申し上げます。

http://www.marukaichi.co.jp/



い物も終わったので、いよいよスーパー林道を目指す。

スーパー林道と言えば関東・首都圏ライダーには名前だけは知られているであろう南アルプススーパー林道。

2005年には全線通行止めになったそうですが、私達おじさん世代はあの林道を堪能してます。

まさに断崖絶壁、100m~200mも切り立った崖の下を流れる野呂川の渓流、素掘りの真っ暗なトンネルや滝、

そんなスーパーな林道なのでしょうか?

730rindoumap.jpg
地図に記入したコメントはツーリングマップル2013北海道に書かれているものです

まずは238号を北上し風烈布林道を目指し右折する。

のどかな酪農場の中を走る、そして舗装からダートに変わる。

DSCF5054_R.jpg
さあ、これからダートの始まりだ!

北海道の林道はフラット砂利ダートだ、ついつい速度が乗ってしまうので十分注意が必要です。

林道入って直ぐにキタキツネが現れた、やせ細って汚れた貧相なキツネだった、まるで疫病神の使いの様な。

気を引き締めて走る事にする。

DSC_0096_R.jpg

DSCF5055_R.jpg

DSC_0097_R.jpg

6~7km走った頃だろうか、背丈を越える草が両脇を覆う場所も頻繁に現れる、やや不安、いやかなり不安。

初日にヒグマらしき糞があった幌内高岡線の時よりは不安感は少ないが・・・若干慣れたかな?でも不安だ、

山の奥へ奥へと進んでいるように感じる林道だ。

そんな時、オフバイクが50ⅿ位先のコーナーを曲がって来た!

嬉しかった、本当に嬉しかった。

人っ子ひとり居ない山の中、ソロで緊張と不安を感じながらも物好きな事をする仲間が居る!

彼も嬉しかったのだろう、お互い手を挙げピースサインを出すのではなく、

お互い、大きく手を振って挨拶を交わした。

SL230の彼、お互い頑張りましょう!

観光地へ行く幹線道路ですれ違うツーリングライダーと交わすピースサインとは重さが違う、感動が違う。

最近ではめっきり少なくなった林道オフロードライダー、下手をすると1日に1人も会わない時がある。

絶滅危惧種だ!80年代は腐るほど生息していたのに・・・。

当時は石を投げれば4駆かオフロードバイクに当たるってくらい居たのですがねぇ。すたれた原因は何でしょうね?

そうそう、最近、老若男女、登山者が増殖しています!林道走行には細心の注意が必要ですよ。

対、車だったら比率は車が悪くなるでしょうが、登山歩行者だったら0:100になってしまいますよ!

必要かなぁ自賠責だけじゃなく。
sonyhoken_R.jpg



が対向して来てくれた事で、この林道が完抜けている事が判った。

通行止でUターンして来たなら必ず停車して教えてくれる筈だし、

それに、自分が進む左側ラインにはタイヤ痕が無く、彼が来た右ラインにしかタイヤ痕が無い。

Uターンして来たなら両側に有る筈、そんな推測が出来る。

SL230のホイルスピン痕は無かったが、不必要なかっぽじったタイヤ痕も無駄ではないかもしれないな(^^;



無事に風烈布林道を完走した。
DSCF5057_R.jpg



次はいよいよ美深歌登大規模林道だ、3~4㎞地方道120号線を走り左折する、最初左折角度がきつく

違う道と思い素通りしてしまった。

Uターンし戻ってみると、入口横に看板が立て掛けてある、「電線工事の為、加須美峠より通行止め」とある。

一瞬悩んだが、通行止めとあっても通過できる場合も多いので、そのノリで進んでみた。

ダメなら引き返そう、戻って迂回するとなるとかなり遠回りになるが、その時は違う所でキャンプしよう。

それがキャンプツーの醍醐味だ。



果たして抜けられるのかスーパー林道・・・つづく。


【関連記事】
2013年 夏 北海道ツーリング その1
2013年 夏 北海道ツーリング その2
2013年 夏 北海道ツーリング その3
2013年 夏 北海道ツーリング その4
2013年 夏 北海道ツーリング その5

2013年 夏 北海道ツーリング その7
2013年 夏 北海道ツーリング その8
2013年 夏 北海道ツーリング その9






↓ここをポチッとしてもらえますと、また海鮮丼食べに行こうと、励みになります。
↓ここをポチッとしてもらえますと、今度はカニも食べなければと、励みになります。
↓ここをポチッとしてもらえますと、ランキングに参加していますので、励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Comment
No title
お疲れ様です。
グルメリポートありがとうございます。じゃぁ~なく林道ツーリングレポートごちそう様です。(^_-)-☆

林道の道幅が狭いのね。
昔の記憶だと幅はもう少しあったような気がする。
走りたい10km以上のダート。

今日久しぶりに単車に乗れた。(最近天気が悪くてねぇ)街乗りだけど楽しかったよ。
まだまだ雪の残りが多かったが、単車は楽しい。

早くツーへ行きたいね。(*^^)v
No title
こんにちは
林道の幅は場所場所だね、この後の林道は幅広いよ。今回走ってる林道は整備が行き届いているから、大荷物積んで走るには走りやすかった。

今日単車乗ったんだ!イイね。
WRのもソロソロ雪掻きして掘り出すか(^^;

早くツー行きたいけど、雪解けするのはいつもより遅くなるんじゃない?それとも暖かくなれば量が多くても一気に融けるのかね?
No title
毎度ぉ~。
お邪魔しますよ。(*^^)v

WRはまだ冬眠中ですか?今日は天気も今一だしね。まだ、まだ寒い。
なので、もう少し寝かしておいては?熟成するぜ。

北海道の林道さぁ、昔10tダンプカーがカウンター当てて高速コーナーを走っていた記憶がある。
もちろん幅の狭い林道もあったけど。(笑)

大荷物を搭載したツーでも、アクセル開けちゃいそうですね。(^^ゞ羨ましい。
早く暖かくなるといいね。ツー行きたい。
No title
どもどもです、毎度ありがとね(^^)/

確かに、昔広い道あったね!もう舗装になったんでしょう。
渓流釣りと同じで、昔は良かった!尺物がウヨウヨ!とおなじだね。尺釣った事ないけど。

渓流は漁協が放流すれば疑似昔体験が出来るけど、林道はね(^^;
No title
毎度。
お邪魔しますよ。

そうですねぇ。
でも、確かにダンプカーはカウンターを当てていたのを、鮮明に覚えてるよ。あれ、本当はリヤが流れて
ナチュラルカウンターだったかも。きっとあのダンプさぁリヤノンスリップデフだったかもよ(笑)

あの時はYAMAHAのTT250乗っていたと思う。
懐かしいねぇ。

思い出した、あの時アルミのサイレンサーにクラックが入ったね。本当に北海道懐かしいです。
No title
ちわぁ。

当時の北海度ツーの記憶が余りないのよ(^^;
グループだと安心しきっちゃって記憶も曖昧なのかもね。

ただ一つ、しっかりした記憶が!
道歩いていた女子に、すれ違いざまに手降ったら
大騒ぎで喜んでいたよね(^^)/


No title
毎度、お邪魔さまです。

なに?記憶にない・・・。
女子に「きゃー」って言わせたのですね?
私、その方のことが記憶にありませんねぇ。

札幌でジンギスカンを食しながら、生ビールを飲んだことはよく覚えているのですが・・・・・。女子はわからん。

林道の工事現場で、湧水を飲みながらクマ出没の話を聞いたり、宮様のXR350がオイル吹いたことは?覚えてないの?

林道・キャンプツー行きたいですね。(笑)
No title
らっしゃい!

>札幌でジンギスカン・・・何となく思い出したが、はっきりしていない、夢の様な感じ(^^ゞ

その他は記憶にございません・・・・(^^ゞ困ったね
No title
毎度ぉ~。
お邪魔しますよぉ~。

え~、記憶がないのかぁ・・・・・俺が苫小牧でタイヤ交換したの・・・覚えてないの?
まぁ、昔のことだからね。

寒いねぇ、また冬になってしまったね。庭の梅の花が、折角咲いたのにねぇ冷えるとかわいそうだ。
なので、暇なのよ。

海鮮丼、いつみてもうまそうだぁ。
本土であれだけのボリューム丼は食べられないだろうなぁ。北海道は海の幸が豊富なのかな?今回はラーメンとか、肉系はあまり食さなかったの?

などと、考えていたら急に腹が減ってきた(^^ゞ

なので、ポチっと。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中性脂肪600のクマ

Author:中性脂肪600のクマ
中性脂肪600のクマです、「クマ」とお呼び下さい

以前の名前は「中性脂肪600」でしたが、オフ会で名前が呼びづらいので「クマ」に変更しました。

2016年3月より30thセロー250にWR250Rから乗り換えました。
林道ツーリングやキャンプツーリングの記録を更新したいと思っています。

ブログ名は、検査したら中性脂肪が600mg/dLだったので。
最近検査したら150mg/dLに落ちていました(^^)/

リンクフリーです。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
  
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。