HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  ツーリング日記   »  林道ツーリング  »  猿橋とパワースポットに行ってみた(1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿橋とパワースポットに行ってみた(1)

6月1日 水無月の最初の日曜日に早速出かけて参りました。

バイクで道志から厳道峠で秋川へ抜け、朝日馬場から林道鈴懸峠線を使い大月へ、

古道を感じつつ行くつもり・・・であったが、家族サービスを兼ねて車で高速使って一気にお出かけしました。

いやぁ、今日は30℃越えの猛暑!日差しがきつい!車でラッキーでした(^^♪


さて、なぜいきなり家族サービスを?

実は普段から家族サービスは心掛けているんですよ~(^^ゞ

よくTV番組等で、旦那が定年退職してから家に居場所がなくなるなど良く聞きます。

そんな風にならないよう家庭円満には日頃からサービスですよね(^^;

では、なぜ家族が急に同行したか・・・。

実は、出張中にWebで地図と観光ガイド等をじっくり見まして、発見したんですよ!

一般にはあまり知られていない、しかし知る人ぞ知る、強力なパワースポットを!

そんな話を家内と娘に教えたら是非行きたいと(^^ゞ

女は何故にパワースポット好きなのか?これ以上パワーを集めてどうしようと。。。。老後が怖いわ(^^ゞ

そんな訳です、パワースポット編は次回と言う事で、まず本日はこれ、猿橋編です。



橋が有るのは知っていました、有名な橋なんだろうという事も知っていました、

ツーリング帰りに何度も何度も通過しています、しかし一度も寄った事はありませんでした。

わざわざ橋を観に出かける事も無いですし、あの場所、なんとなく素通りし易い場所なんですよね。

橋なんか観ないでさっさと帰って一杯・・・。夕方になると禁断症状がでるオヤジでした(^^ゞ


この猿橋、日本三奇橋だけあって、昔から往来の旅人はもとより数々の文人・墨客・才人達がこの橋を訪れて、

さまざまな足跡と作品を残していったそうです。



ずは大月郷土資料館の駐車場(P無料 車16台、屋根付き駐輪場もあった)に車を止め猿橋に向かって300ⅿほど遊歩道を歩く。

資料館あたりの日向は強烈に暑かったが、遊歩道に入ると木陰になり、川辺から吹く風が気持ちの良い場所でした。

P6010065.jpg



遊歩道の隣には桂川が流れています、鮎釣り師達が初鮎を楽しんでいました。そう、今日は解禁日でした。

P6010068.jpg



やがて猿が見えてきました、もとい猿橋が見えてきました。

P6010100.jpg



江戸時代に広重が描いたのがこれです、『甲陽猿橋之図』

img_saruhashi.jpg



川 広重(うたがわ ひろしげ)とは、寛政9年(1797年) - 安政5年9月6日(1858年10月12日)の江戸の人気浮世絵師です。

天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれます。

tokaido2.jpg  tokaido1.jpg



広重は、天保12年(1842)、甲府道祖神祭 (こうふどうそじんまつり) の幕絵を制作するために甲府を訪れました。

甲府城下では、毎年小正月における道祖神祭礼の時期に、巨大な幕絵を道の両側に飾るという、

全国でもあまり類をみない独自の祭礼が行われており、

道祖神祭礼当日には数百枚以上の幕絵が飾られていたと推定されるといい、人々の賑わいは圧巻だったと記録にあるそうです。

数百枚以上の幕絵は通り両側の建物の前に張り、表通りの両側全体を幕絵で覆い尽くしました。

なぜ、その様に張り巡らせたかと言うと、その幕絵を張り巡らすことで陣幕に見立てたそうです。

陣幕とは、武家社会において神聖かつ重要な道具であり、基本的に敵から身を隠すという実用的な機能とともに、

悪霊から身を防ぐという呪術的な機能も併せ持っていました。

陣幕を表通りの両側に、しかも町をくるむように飾ることによって、外界からの悪霊・病気の侵入を防ぐ効果を期待し、

天保の飢饉や騒動の影響のために沈滞していた甲府城下を活性化させるために、甲府城下の有力商人がこぞって立ちあがり、

企図したのが、道祖神祭において幕絵を飾るという、全国的に見ても類いまれな「演出」であったという事です。

dousojinsai.jpg


dosojin_bnr2.jpg


絢爛豪華ですねぇ~、今なら別にどうって事無いですが、当時は今と違ってプリントで横断幕とか印刷する訳では無く、

一枚一枚手書きですからね~!

庶民も大きな絵が描いてある横断幕なんて見た事無いでしょうから盛り上がったでしょうね。



『長ぇ~よ~!』とクレームが付きそうなので、次の説明文は観たい方だけどうぞ

江戸時代には「日本三奇橋」の一つとしても知られ、甲州街道に架かる重要な橋であった。木造では唯一現存する刎橋である。猿橋は現在では人道橋で、上流と下流にそれぞれ山梨県道505号小和田猿橋線と国道20号で同名の新猿橋がある。長さ30.9メートル、幅3.3メートル。水面からの高さ31メートル。

猿橋は、桂川(相模川)の両岸が崖となってそそりたち、幅が狭まり岸が高くなる地点にある。幅が狭ければ橋脚を河原に下ろさずに済み、それが高所にあれば水位が高くなっても川の水に接しない。このような地点に架橋
できれば、大水の影響を受けずに済む。しかし、そのためには橋脚なしで橋を渡す技術が必要である。こうした条件では吊り橋が用いられるのが常だが、江戸時代の日本にはもう一つ、刎橋という形式が存在した。
刎橋では、岸の岩盤に穴を開けて刎ね木を斜めに差込み、中空に突き出させる。その上に同様の刎ね木を突き出し、下の刎ね木に支えさせる。支えを受けた分、上の刎ね木は下のものより少しだけ長く出す。これを何本も重ねて、中空に向けて遠く刎ねだしていく。これを足場に上部構造を組み上げ、板を敷いて橋にする。猿橋では、斜めに出た刎ね木や横の柱の上に屋根を付けて雨による腐食から保護した。

猿橋については、7世紀に渡来人の志羅呼が猿が互いに体を支えあって橋を作ったのを見て造られたと言う伝説がある。鎌倉時代には既に存在していたらしいが、その起源ははっきりとしていない。



長い説明文ご覧になりお疲れさまでした。

長くなりましたので次回に。


ポチッとお願いします、禿の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村



【参照】歌川広重が歩いた甲州道


関連記事

猿橋とパワースポットに行ってみた(2)
猿橋とパワースポットに行ってみた(3)
猿橋とパワースポットに行ってみた(4)
猿橋とパワースポットに行ってみた(5)



関連記事
スポンサーサイト
Comment
No title
お邪魔しちゃった。(^^ゞ

いいねぇ~猿橋かぁ。
周りの木々の緑と言い、枝をぬって差し込む光が相まって眩しい。
初夏の暑さが伝わってくるぞ・・・・・・。(本当に暑かったよね)

写真の「腕、あげたのぅ~」バッチリいい仕事してますねぇ。
ただ行くだけではつまらない場所かもしれないけどさぁ、建造の方法や時代背景なんか調べていくと
半日居ても時間が足りなそうだ。(笑)

俺は、気が短いのでバスツアー方式でいいけど。(^^ゞ

暑かったよねぇ。
エアコンの効いた車で正解かもね。
どうする?こんな熱くなっちゃって・・・・単車暑いよ。

今度のツーは、秋か?(爆)軟弱丸出し!!
根性入れて梅雨の雨を突いて一発!行きますか?
馬刺しを買いに(これも軟弱だ)

どうも年取ると気力が・・・・・。









Re: No title
写真のお褒めありがとう、しかし全然ダメなのよ(^^;こりゃ難しいわ。。。
じっくりとレベルUP目指しますよ(^^;

猿橋に半日は余程のマニアでないと無理でしょう、私は撮影で30分ってところでしょうか。

ツーは厳しい季節になったね!行くなら早朝、日中は山上、夕方涼しくなったら帰宅。。。酒が我慢出来ん(^^;

夏前の最後の馬刺しツーか又はマジで秋かぁ~(^^;
No title
お邪魔しちゃう!

俺は好きですよ。
「中性脂肪600」さんの写真、会社の部下にURL教えたら・・・・・・。(ー_ー)!!
俺よりか「センスがいい」と言っていました(*^^)v

確かに!
まぁ、安物のでしか目とミラーレスの一眼カメラと比較にはならないのだけれど。
ブログの構成や写真の構図まで指摘されちゃったからね((+_+))

これからも、どんどん参考にさせてもらいますよ。
単車もそう、FLYもそう、キャンプもそう、みんな教えてもらいましたからね。
今度はブログだ!(大笑)
Re: No title
あらら、いつの間にかお褒めの言葉が。
神出鬼没のコメで見落としちゃうよ(^^;

なになに例の部下かい?メロンパンおじさんの?
『センスがいい』だって!嬉しいねぇ~。

次回から力んじゃうな(^^;
ありがとうと言っといて。

No title
お邪魔さん。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
次回から力んじゃうな(^^;
ありがとうと言っといて。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

(笑)伝えておきました。(*^^)v

次回作も楽しみにしているとの事。
新しいファンが増えたね。

ポチらせるか?きゃなり受けていたぞ!。
コメントのバトルが面白いと・・・・・・・・・・・・・・。
俺、豆なのかねぇ~・・・・・几帳面と言うか。(ー_ー)!!

ポチっと&コメントは続けますよ。

って。。。。頑固もんか(^^ゞ

Re: No title
おぉ!新しいファンになってくれるの!嬉しいねぇ(^^)/

初めまして、中性脂肪600です、よろしくお願いします。

テツに「おじさんのブログ観てよぉ~」とか「ポチっとしてよ~」とか強要されていませんか?

パワハラしたら言って下さい、

「このおじさん変なんです!」と、

「そうです、私が変なメロンパンおじさんです!」と言うと思います。


No title
お邪魔しまぁ~~す。

ポッチっとボタンと、コメントの依頼はしておいたよ。

オジサンたちのブログにコメントしてくれるかは?保証の限りではないが(笑)

ポチッとは、入ると思うよ(^_-)-☆
Re: No title
とうとうパワハラした訳だ(^^;

いいのか?大丈夫なのか!・・・オジサン的には嬉しいが(^^)

お嬢さん、

無理にコメは宜しいですよ、ポチッだけで嬉しいです!

ただね、嬉しいんだけど、ポチッが誰だか特定できないのが残念です。

そうだ!コメントに「ポチッ」とだけ書き込むのはどうかな?


いや・・・メロンパンおじさんが成りすましで書き込みそうだから却下しよう(^^;

No title
お邪魔した。

一部訂正だよ。
パワハラではなく、どちらかと言うとセクハラっぽいな・・・・・・・。(#^.^#)

いずれにしても、強制・強要はしてませんから。
なので・・・・・ポッチっともコメもないかもしれませんよ。(爆)

いいアイデアですね。コメする時ポチっとを記入するね。
成りすまし代行は禁止と言うことで(笑)
Re: No title
ポチもコメも無いか(^^;・・・残念!
No title
お邪魔様っす。

ごめんねぇ~。
威厳が無くてさぁ~。

「メロンパンおじさん」は辛いよ。

まぁ、気長に待っててくださいませ。
ビビッとくるネタ投稿したらきっとポッチ&コメあるよ。(*^^)v
おはようございます♪
チェローさんの「ぐんだりじんじゃ」から飛んできました。
大変失礼かと思いますが、今とはブログの雰囲気(文面?)がちょっとだけ違うように感じます。
全部を読んでいないので途中から方針が変わったのか、元々硬軟織り交ぜたブログなのか分かりませんが、コメントを含めておもしろいですね。
いろいろ参考にさせてもらいます。

では、では、
Re: おはようございます♪
わたるさん、こんにちは。

> チェローさんの「ぐんだりじんじゃ」から飛んできました。

ありがとうございます。
チェロ―さんマメに記事更新されて流石ですねぇ。


> 大変失礼かと思いますが、今とはブログの雰囲気(文面?)がちょっとだけ違うように感じます。
> 全部を読んでいないので途中から方針が変わったのか、元々硬軟織り交ぜたブログなのか分かりませんが、コメントを含めておもしろいですね。
> いろいろ参考にさせてもらいます。
>
> では、では、


いやいや、自分でも久しぶりに昔の記事読んで、おぉぉぉ!しっかりブログ記事書いてるなぁと感心しました(笑)
マンネリとは恐ろしい物ですねぇ、知らず知らずのうちに手を抜く様になってしまうのでしょうか(^^ゞ
今後は初心に帰って真面目にブログ記事書きたいなぁ~と思いましたが。。。
楽を覚えてしまった体が許してくれるかどうか(笑)
今後も適当に更新していきますので、お付き合い下さい(^^ゞ
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中性脂肪600のクマ

Author:中性脂肪600のクマ
中性脂肪600のクマです、「クマ」とお呼び下さい

以前の名前は「中性脂肪600」でしたが、オフ会で名前が呼びづらいので「クマ」に変更しました。

2016年3月より30thセロー250にWR250Rから乗り換えました。
林道ツーリングやキャンプツーリングの記録を更新したいと思っています。

ブログ名は、検査したら中性脂肪が600mg/dLだったので。
最近検査したら150mg/dLに落ちていました(^^)/

リンクフリーです。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
  
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。