HOME   »  ツーリング日記   »  廃村ツーリング  »  廃村を訪ねてVol.3 その4最終

廃村を訪ねてVol.3 その4最終

DSC01967その4タイトル




沢城跡に向かう、善応寺から害獣対策用柵に沿って200m程下った所にそれはある。



DSC01921_R.jpg


DSC01925_R.jpg


これかい?ショボイなぁ~


DSC01932_R.jpg


DSC01928_R.jpg


看板があるがかすれて読むことが出来ない。

この看板を見ただけで、如何に人が訪れない人気のない史跡か判る、とても歴史ある史跡なのに。。。

などと偉そうな事言っているが、初めて知って訪れた場所です(^^;

注目されるには大河ドラマに取り上げられないとダメですね。



いや、大河ドラマあったみたいです。

1990年に放送された大河ドラマ「太平記」だったそうです。

鎌倉幕府を倒し、室町幕府を開いた主役の足利尊氏役に真田広之、弟の足利直義(あしかがただよし)役を高嶋政伸が演じました。

その頃に整備された看板なのでしょうかね?かすれた看板は。



DSC01931_R.jpg

須沢城の築城年代や廃城年代は不明だが、甲斐国志には御勅使十郎や塩谷三郎という武将が居したことが見え、鎌倉時代にはすでに城はあったようです。

城が有名になるのは南北朝時代で、観応年間(1350-52)のことで、関東管領である関東執事を務める高師冬(こうのもろふゆ)と上杉憲顕(うえすぎのりあき)と対立するようになる。

高師冬は鎌倉公方を擁立して上杉憲顕を攻めましたが、逆に公方を奪われてしまい戦況が不利となってしまいました。観応元年(1350)、追われた高師冬の向かった場所が孫六入道の城であったこの須沢城に籠城したが、憲顕の子憲将や同じく憲顕の子で重能の養子でもある能憲、諏訪大社下社大祝の金刺隆種ら6千余の兵に囲まれ、翌年の正月、城の大手での激戦を横目に背後の山に廻り込まれて城内に乱入された為、覚悟を決めた師冬は自刃を遂げ、城も落城した。



ここら一帯は城だったんです、それもこのショボイ城跡だけが城だった訳ではなく、善応寺の裏山から御勅使川までが城跡だったようです。 そりゃそうだよね、そんなに小さい訳がない(^^;

須沢城2詳細1_R

害獣用柵で囲まれた畑の地点では兵士1000人が駐屯できただろうとどこかのブログに書かれていました。


imamina070915_01.jpg
対面からの眺め(webより拝借)


山の斜面を利用した城で、規模的には大きい部類に入るとブログに書かれている方もいます。

素人の私には、城造りでどのように地の利が良いのかさっぱり判りませんが、ともかくここで大きな戦いがあり、

高師冬(こうのもろふゆ)氏が自害し落城したという歴史があった。

今は訪れる人もなくお亡くなりになられた方々は静かに眠られている。



看板の最期は、この地が歴史の宝庫である事が書かれています。


DSC01931RT_R1.jpg


さて、この地を後にし次に向かいます。

林道を下って行き、国道52号線で身延方面に向かい、身延駅から県道10号で身延線に沿ってのんびり走る。

内船駅より佐野峠を経て天子湖の佐野集落へ向かいます。

内船駅より思親山を目指し佐野峠に向かい細い舗装林道を登ります。


DSC01944_R.jpg

S1380034_R.jpg




登り坂の途中に大木と道祖神がありました。

道祖神は割れ、大木も葉をつけておらず枯れているのかもしれません。

かなり古そうです、日蓮宗本山の身延山へ参拝する古来からある峠道だったのかもしれません。


DSC01945_R.jpg

DSC01946-1.jpg


佐野峠に到着

DSC01948_R.jpg



ここから佐野地区へ林道を使って向かいます・・・が、


DSC01949_R.jpg

これですよ!

佐野地区から上がってきたランクルの方も立ち往生です。


しばらくすると同じく佐野地区からオフ車乗りライダーが2名登場、ゲートを挟んでライダー同士3人で協議します。

横は通れないか?・・・無理!

S1380046_R.jpg


鍵は開かないか?・・・開かない!

S1380044_R.jpg


ゲートは持ち上げて外れないか?・・・無理!

S1380045_R.jpg


バイク倒して下を通過出来ないか?・・・惜しい!あと5cmゲートが高ければ抜けられたのに!

S1380048_R.jpg


開いてくれぇ~!ガチャガチャガチャ・・・ダメだぁ~!こぼれたガソリン返せ~!

S1380050_R.jpg

諦める事にしました。

一旦戻り、途中から遠回りして天子湖に向かいます、1時間程無駄にしたでしょうか。


上佐野・下佐野地区です。

この後に通る石神峠にある看板には、室町時代に山を越えた芝川町の大和田集落と交流・物流を図る為に

人馬の通れる石神峠を作ったとあります。

室町時代またはそれ以前からの里になりますね。

現在、この里はまだ限界集落ではありません、若い村民の方もいらっしゃいます。

歴史ある里ですから存続してもらいたいです。

DSC01952_R.jpg

DSC01962_R.jpg

DSC01957_R.jpg

DSC01966_R.jpg



次に林道石神峠線を通ります。

DSC01976_R.jpg

林道は天子湖の横を通り峠を越えて行きます。

DSC01980_R.jpg


ここが峠です

DSC01988_R.jpg

DSC01983_R.jpg

DSC01982_R.jpg

この林道は災害時の避難路となっていますので、常時通行止めは無いでしょう、ただ舗装路にはなるかもしれませんね。




石神峠を超え今度は国道469号桜峠を超え御殿場に向かいます。
桜峠からの富士山

DSC02003_R.jpg



御殿場で山崎精肉店の馬刺しをお土産に買いました。
100g640円を200g、帰ってからこれで日本酒を!最高(^^)/

DSC02004_R.jpg

ここの馬刺しは安くて美味い、スーパーの半額で味は数段上と評判みたいです。
確かに美味かったです、ニンニク・生姜醤油で頂き、日本酒グビグビと・・・最高!

馬刺し
webより拝借







【関連記事】
廃村を訪ねて Vol.3 その1
廃村を訪ねて Vol.3 その2
廃村を訪ねて Vol.3 その3




【廃村ツーリング】
またかい?廃村2(その1)
またかい?廃村2 その2
またかい?廃村2 その3


廃村を訪ねて(1)
廃廃村を訪ねて(2)
廃村を訪ねて(3最終)


『ポチッ』とされると山岳集落の過疎化の歯止めに・・・にはなりませんが、廃村オヤジが駆け廻ります(^^ゞ
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト
Comment
お邪魔様!

え?馬刺しで日本酒飲んだの?羨ましいぞ。( ^^) _U~~

天子湖行ったのかぁ~懐かしいなぁ。(^^ゞ
アマゴが恋しいぜ。(笑)
しかし、名所旧跡が沢山あるのにねぇ~。

廃村になるところがあるとすればもったない。
こう言う個人ブログが少しでも役に立つといいなぁ。
ど~も~。

馬刺し最高!今度からあっち方面行ったらお土産決定ですわ。

人が訪れない名所旧跡って結構ありそうだよ。

林道ツーしながら訪れるって、目的があって良いよ。今度付き合って!
お邪魔様ぁ~。(*^^)v

そう!(笑)馬刺しそんなに美味だったの?食いてぇ。
うまい日本酒とグビっとやりたいねぇ。
土産かぁ・・・・買ったら即帰らないといたんじゃうね。

馬刺しかぁ~~^^^^^じゅるじゅる!
たまらんなぁ~。
今度一緒に連れてって。
No title
また、お邪魔しちゃった(#^.^#)

やっぱ馬刺しだね。

あ!そうじゃぁなくて、佐野峠懐かしいねぇ~。
通行止めのゲートなんだが、見たところハンドルバーが抜けられないのかな?
ならば、外しなさい・・・・ハンドルバーを。

簡単でしょ?ネジ4本なんだから(笑)
「廃村おじさん♪」の次が「馬刺しおじさん♪♪」でしょ。
そんでもって第三段が「ゲートくぐりおじさん♯おじさん」はどうかなぁ・

シリーズ続くでしょ?(爆)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中性脂肪600のクマ

Author:中性脂肪600のクマ
中性脂肪600のページⅡの管理人クマです。

2016年3月より30thセロー250にWR250Rから乗り換えました。
林道ツーリングやキャンプツーリングの記録を更新したいと思っています。

2017年8月にDUCATI Scrambler Urban Enduro増車

ブログ名は、検査したら中性脂肪が600mg/dLだったので。
最近検査したら150mg/dLに落ちていました(^^)/

     
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
 
  
RSSリンクの表示