HOME   »  冬の夢 北海道ツーリング  »  流氷を見てみたいツーリング2

流氷を見てみたいツーリング2

:00からの朝食を済ませ、装備を着こむ。

この重装備、前回の北海道ツーリングと同じですが、初めての方もいらっしゃるかと思いますので紹介まで。

【ウエア類】下から着ている順番です
上半身
[モンベル]ジオラインL.W.Tシャツ Men's ( 品番 #1107484 )
[モンベル]ジオライン EXP.ラウンドネックシャツ Men's ( 品番 #1107518 )
チョモランマ 紳士上(ハイネック)下(前開きタイツ)セット
ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) ウインドストッパーウォームインナージャケット ブラック LL RR5334
[モンベル]パウダーランド パーカ ( 品番 #1101443 )
ストレッチクリマプラス200 バラクラバ ( 品番 #1118154 )

下半身
[モンベル]ジオライン L.W.トランクス Men's ( 品番 #1107620 )
[モンベル]ジオライン EXP.タイツ Men's ( 品番 #1107522 )
チョモランマ 紳士上(ハイネック)下(前開きタイツ)セット
[モンベル]ベンティスカダウンパンツ ( 品番 #1101314 )
ラフ&ロード 防水透湿 クイックオープンオーバーパンツ

【ブーツ】
[モンベル]メリノウール エクスペディション ハイソックス ( 品番 #1108883 )
[モンベル] mont-bell ウ゛ェイルブーツ
アイススパイク [ice spike] 靴に付ける滑り止めバンド


これに、二―シンガード・エルボーパット、ハッキンカイロをネックウォーマーと腰に。

これを着こんでチェックアウトする頃には汗が吹き出します。
(ハッキンカイロはこの時だけで、その後は暑いから装着しませんでした)



ェックアウトする時は、昨日居なかった奥さんが対応してくれました。

『オートバイで行くんですか!くれぐれもお気をつけて下さいネ』 と心配そうに声を掛けてくれた。

『ありがとうございます、気を付けて行って来ます』

普段ならそんな当たり前の、当たり障りの無い挨拶だが、この厳冬期では真剣に気を付けないと!

心配してくれる奥さんの言葉も身に染みる。

気温は-2度、タイヤ圧はフロント・リア共79kPaあたりで様子を見てみます。

20160220a8.jpg



まずは国道237号(日高国道)で国道274号(穂別国道)が交差する地点まで一本道を進む、国道274号(穂別国道)が日勝峠を越えるのである。

富川シティーホテルを出発して1時間、写真の時刻は09:02となっている、昨夜降った雪がもう融けてシャーベット状になっている。

↓の写真を撮っている時、路線バスが通り過ぎて行ったのだが、運転手さんが軽くクラクションを鳴らし、こちらを見ながら片手を上げてエールを送ってくれた。

とっさの事だったので会釈しか出来なかったが、真冬にバイクに乗るツーリストを応援してくれている。

今まで、道民の方は真冬にバイク乗って迷惑な輩だと白い目で見ているのではないか?と内心思っていたのだが、

「物好きな奴も居るもんだ」と、応援してくれる人も居ると思うと年甲斐も無く無性に嬉しかった。

これから吹雪の峠を越えようとしている、どんな困難が待ち受けているのか、、、

ある程度は想像できるが、実際にはまだ体験していない、不安になる自分の背中を押してくれた気がした。

P2210050_1.jpg



路面はシャーベット状の雪が有るもののアスファルト路面がタイヤ1本分~2本分出ているのでトレースして順調に走る。

国道237号(日高国道)で国道274号(穂別国道)が交差する地点にまでやって来た、ここには道の駅があるが休むことなく日勝峠を目指した。

国道274号(穂別国道)を少し進んだ地点、雪が融けた濡れた路面は無くなったが、シャーベット状の雪は健在だ。

20160220a9.jpg



日高ウェスタンファームのあたりは白く路面が変わった(当然冬期休業中)

20160220a10.jpg


全高13mの巨大熊のオブジェの写真と共に大型トラックが写っている、ともかくトラックが多い。

絶えずバッグミラーでトラックが来ていないか後方確認をする。

道幅が広い所では良いが、そうでない所ではトラックをやり過ごす為の路側帯は、除雪した雪の壁となっており、

早め早めにスペースを見つけながら走行しなければならない。

気が付かない内に後ろに着かれてしまったら、速度の違うトラックに迷惑を掛けるし(上りでは速度を落としたくないだろう)、

こちらも焦って滑ってしまうかもしれない。

こちらは遊び、彼らは仕事中だ、ともかく他人に迷惑を掛けないようにする為には後方確認が最重要なんです。

ここからはとても撮影出来る状況では有りませんでした、シャーベット状に積もった雪はフロントタイヤのグリップを失わせ、

ヌルヌルとのたうちながら滑る、何となくバナナの皮の上で滑るような感じなのである。

セローの様に両足が余裕で付けばかなり安定して走れるとは思うが、ローダウンしたWRでも私には若干高い。

そんな訳で写真を撮る余裕も無かったです、何度もトラックをかわし必至の思いで頂上に辿り着いたのでした。

11:10 日勝峠到着(走行距離102㎞)

2日目GPS-1S



誰も居ない、何もない、だがそれで充分、安堵と共に走り切った達成感を味わう。

P2210012.jpg


展望台に上がって景色でも撮影出来ればと思っていましたが、雪の中でした。
P2210013.jpg


ムコ殿さ~ん、TEAM DANGUN ステッカーここまで連れて来ましたよぉ と、自己満足(^^♪
P2210016.jpg



ところで吹雪はどうしたんだろう?

全く吹雪く気配が無かったが。。。

221天気図


221-12天気図


221-6降水


221-12降水



この時は、低気圧は抜け、荒れた天気も通り過ぎた後でした。

なんというツキの良さ!『いまどこ』をご覧のになった皆さんはご存知のように、今回は私、持っていたんですねぇ(^^)v


さて、気を引き締めて下ります。この先の下りが見えていますね。

P2210018.jpg


P2210019.jpg


↓正面に見える山の左側を(こちらから見て)抜けて来たようです。
P2210021.jpg



無事日勝峠を下り切り、清水町を抜け『美蔓パノラマパーク』という場所で小休止

P2210027.jpg


P2210025.jpg



ちなみに夏はこんな感じの様です。
美蔓



私とほぼ同時にここに着いた札幌ナンバーの乗用車、年配のご婦人3人とご主人が景色を見に来た。

「どこから来たんですか?」
「東京です、フェリーで来たんですけどね」
「そりゃそうでしょうけど、バイクでこの時期ですか!凄いですね(◎_◎;)」

と呆れられているようでした(^^;

そして肩をすくめてWCの方へ走って行かれました。

そうか、車に乗ってる人は表に出ると寒いんだよな(笑)

極寒装備していると、この程度の気温では暑く感じる位だから忘れていた(笑)

さて、まずは上士幌を目指し、本日の宿、糠平温泉を目指します。

ちょっと脇道で撮影
P2210029.jpg


P2210034.jpg




本日の宿まではまだ有りますが、本日はここまで。



にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村



【関連記事】
流氷を見てみたいツーリング 1
流氷を見てみたいツーリング 2【現在のページ】
流氷を見てみたいツーリング 3
流氷を見てみたいツーリング 4
流氷を見てみたいツーリング 5
流氷を見てみたいツーリング 6
流氷を見てみたいツーリング 7
関連記事
スポンサーサイト
Comment
素晴らしい
冬景色素晴らしいです。
峠はチェーンを巻かなくてもスパイクで大丈夫でしたか?積もってないから咬むんですかね?
足はホッカイロ入れなくても寒くありませんでした?
やっぱり
やっぱり、持っていたんですね~。
でも、私にはこんなところを走れるのは凄いと感心するばかりです。

バイクなので特に皆さん心配してくれるんでしょうけど、こういうときは心配、応援してくれる現地の方の声もより嬉しいでしょうね。
いいなぁ、夏でもいいから行ってみたい、北海道。
すごい
クマさん、こんばんは
過酷なツーリングですね、着る物のリストを見てもピンと来ないです
此れだけ着れば寒く無いのか、此れだけ着ても寒いのか
どっちなんでしょうか?????

このルートは何回か走った事があります、峠を越えると
帯広方面の雄大な眺めが見えますよね、でも冬と夏とでは
大違いですね、糠平温泉までもう一息
然別湖も良いですよ。
着こむねぇ
おはよう。
俺だよ、朝早くからお邪魔するよ。
冬の装備は凄いね着こむのに30分以上かかりそうだね。
この時期にしては雪はどうでしたか?多いの?

大型トラックは怖いねぇ。
無事に峠を越えられて安心したよ。
天気が良ければいい景色が見れたのに残念です。

宿についてから重装備を脱ぐんだろう?大変だね。
明日も切るのかぁ・・・・・。
Re: 素晴らしい
サンタカさん、おはようございます。

曇っていたり小雪が振っていると写真はモノトーンの様になりますね。
もう少し綺麗に映るかな?と思っていたのですが。
でも冬景色は素敵です。
チェーンは必要無いですね、除雪しているので埋まる程の積雪では無いので。
気温が低く乾いた雪なら問題なくグイグイと走れると思うのですが、気温が結構左右すると思います。
足もこの程度の気温では全く寒くなかったです。ホッカイロも持っていましたが、前回も今回も使わなかったです。
Re: やっぱり
ラオさん、おはようございます。

持っていましたねぇ(^^)v
大荒れ猛吹雪とかでしたら走行は断念でしょうからねぇ。
バイク同士のピースサインでも嬉しいじゃないですか、それが車とかだと尚嬉しいです。
ひょっとしたら彼らもバイク乗りだったかもですね。
北海道は良いですよぉ、夏でも冬でも。
Re: すごい
有さん、おはようございます。
これだけ着こむと全く寒くないです。
もしバイクを押したり引いたりして汗かいてしまうとその後冷えるかもしれませんが、
今回はその様な事も無く問題ありませんでした。

残念ながら曇り・小雪で雄大な景色が見れませんでした。
日勝峠の展望台に登りたかったのですが、あの雪では行く気が起きなかったです(^^;
糠平まであと少しですね。
Re: 着こむねぇ
テツ、おはよう。

30分は掛からないけど、面倒だよ。
宿ではアンダーウエアがパジャマ代わりだよ。
大型は怖いぞ、ともかく速度が速いんだ、よくあの速度で走れると感心してしまう。
道民は凄いぞ。
見応えあります!
風景の写真を見ても、ついつい路面の状態を見てしまいます。
ドコ走ろうかな・・・?って。
下り坂のカーブなんて、絶望的に見えてしまいますが、スパイクタイヤの恩恵でしょうか、走れるんですね。
真横から見たWR,黄色と黒でカッコいいです。パッキングもまとまっていますね、さすが、勇気のしるし~です。
Re: 見応えあります!
チェチェチェローさん、おはようございます。
この坂をノーマルタイヤで下ると考えると身の毛もよだちますね(^^ゞ
スパイクは流石です。
WRの色、バッグとのカラーリングもバッチリで気に入ってます(^^)
もってますねぇ
真冬の装備が気になっておりましたが、モンベルがいっぱいですね。(^-^;)
バイク乗りの装備よりも、極寒登山用なんですか?

厳冬期にバイク?? それは北海道の人でもビックリしちゃいますよね!(^-^;)
でも、もってますねぇ。低気圧をもはねのけるとは。(^-^;)

自分の事よりも、他人に迷惑をかけない様に努力するのは、
さすがクマさんだなぁ。って思いました。
Re: もってますねぇ
かもねぎさん、こんにちは。

極寒用品になると性能とコスパでモンベルが良いのではと思っちゃいます。
お店も近いですし(^^)
低気圧はねのけると言うか、上手くかわしたと言うか、持ってますねぇ(^^)v

雪道走るの遅いですからねぇ(^^ゞ
はた迷惑もいいとこになっちゃいますから(^^ゞお恥ずかしい
じっくりと。
自分が行ったかのように楽しみながら読ませていただいております。
速度が違うトラック、想像できない程怖いでしょうね。
迷惑かからないように気を付けたいものの、ここはこのまま走らねばならないっていう状況下、よくわかります。

ただ真っ白な景色は心細さも倍増しそうですね。
携帯の電波って峠とかでも入っているんでしょうかね?
もしも山奥の林道のように途切れたら、マジで怖いかもしれません。
Re: じっくりと。
ぱるさん、こんにちは。

楽しんで頂けると嬉しいですが、なんせ雪道走っているだけなので、
滑る~、怖い~、真っ白~くらいしか無いんですよね(^^ゞ
結果は判っちゃてるんで、テキトーに読んで下さい(笑)

国道ですから電波は有るんでしょうね、チェックしなかったです(^^ゞ
林道と違って車は沢山走っていますから、何かあっても安心です。
ハラハラ・ドキドキ!
こんにちは~(^^)
北海道の粋なバスの運転手さん!
なんかホッとしますね(^^)
峠を抜ける時のハラハラ・ドキドキ感が凄い伝わってきます!
チーム弾丸も一緒に峠越え!嬉しいです(^^)
一面の銀世界!峠にぽつんと独りで佇むと私なんか感動で涙流しそうになるだろうな~(T_T)
次の感動場面も待ってます(T_T)
Re: ハラハラ・ドキドキ!
ムコ殿さん、こんばんは。
バスの運転手さん、バイクが趣味かもしれませんね。
粋な事してくれて、惚れてまうやろうぉ(笑)
冬の北海道、ライダーも居なく孤独ですからねぇ、センチになっちゃいますよぉ(^^;
そんなんが好きだから行っちゃうんですがね。
自分、意外とロマンチックだったりして、ムコ殿さんもでしょ?ガハハハ
凄いですね
雪しかない場所にバイクで居る。
画像を見てるだけでワクワク感が半端ないです。

次も期待しちゃいます。
持ってます!
そうそう!吹雪くってニュースで言ってたので心配してましたよ。クマさん、ホント持ってますね。
日勝峠…誰も居ない、何もない…でもこれで充分。まさにこれだけで絶景ですよ(^^)スパイクタイヤの威力発揮ですね。これならやっぱり厳冬の“犬”なんて余裕のよっちゃんですね(^^)次回も楽しみです!
Re: 凄いですね
ななよさん、こんにちは。

オフローダーって何で雪道走りたくなるんでしょうね(^^)
前にも考えたんですけど、一般道が林道のようにハードル上がるからかなと思います。
オフ車では楽しくない国道・県道が楽しくなるんですよね(^^)v
永遠と続く林道って感じです(笑)
Re: 持ってます!
かっき~さん、こんにちは。

自分で言うのも何ですが、持ってましたねぇ。
昨日の北海道なんて超ヤバイじゃないですか、1週間違いであれですからネ(^^ゞ

誰もいない峠、達成感味わえます。雪がなきゃ屁でもない峠ですがね(笑)
犬も日陰のアイスバーンなんてスパイクならへっちゃらですよ(笑)
ラッセルはスパイク関係なく体力勝負だと思いますが。
何度見ても。。。
スゴイ所走られてますよね~
遭遇された方は、心底応援されてますよ。
写真でもこれだけハードそうなんですから。
スパイクの効き具合が気になります。
装備も電熱使われてないんですよね~
自分は、上下電熱マン!
嗚呼。。。恥ずかしや。。。(笑)
Re: 何度見ても。。。
マスオさん、こんばんは。

確かに応援されている感じがありました(自分基準)
道民の方は、なんだぁ~!バイクかぁ!アフォか~!だったかも(^^;
スパイクは、フロントが2シーズン目だったからか喰い付きがイマイチでしたね。
スパイクなのか?雪質(気温が高く)なのか判りませんが。
タマキンキュンキュンなりましたわ(笑)
WRってキックなくセルだけなので、朝の始動の時は緊張するんですよ、
なのでバッテリーは酷使しないで温存したいんですよねぇ。

男は黙ってハッキンカイロ!・・・使う程寒く無かったですが。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中性脂肪600のクマ

Author:中性脂肪600のクマ
中性脂肪600のページⅡの管理人クマです。

2016年3月より30thセロー250にWR250Rから乗り換えました。
林道ツーリングやキャンプツーリングの記録を更新したいと思っています。

2017年8月にDUCATI Scrambler Urban Enduro増車

ブログ名は、検査したら中性脂肪が600mg/dLだったので。
最近検査したら150mg/dLに落ちていました(^^)/

     
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
 
  
RSSリンクの表示