HOME   »  ツーリング日記   »  廃村ツーリング  »  集落の謎 5(最終)

集落の謎 5(最終)

信玄も通った古道はどうやら先程の林道から出た突き当りを左に行って長知沢を通るルート(赤丸)なのかもしれない。

このルートは以前通った事が有り、舗装林道なので仙洞田へ戻り、他の林道へ行く事にする。

150905map3b.jpg




仙洞田を抜け、赤石高下林道を使い赤石温泉を目指す事にする。


150905map4a.jpg



P9050124.jpg



長々と舗装林道を走り、戸川沿いにある赤石温泉が見えて来た

P9050131.jpg



☆①ポイント 右が赤石高下林道、折り返すようにダート林道がある。

P9050132.jpg



戸川渓流の右岸沿いを走る、
見通しは効かない、ガードレールは無くやや荒れの区間も有る。

P9050136.jpg


P9050137.jpg



P9050138.jpg



P9050141.jpg



戸川渓流を渡り左岸側を下る

P9050139.jpg


☆②ポイント 忍沢養殖場近く上七尾橋を渡ると林道がある
P9050146_201509231616390b1.jpg


P9050147.jpg


上七尾道路とある
P9050148.jpg



P9050150.jpg



P9050153.jpg




P9050158.jpg



上七尾集落です。

今回通過した時には気が付かなかったが、離郷之碑があり、その石碑には、この上七尾の地で天文元年1532年より446年間にわたり居住されてきた第15代当主が1928年亡くなり、増穂町長澤へ移住、昭和54年にこの碑建立、と記されているそうです。

歴史ある集落がまたひとつ幕を閉じたんですね。

P9050156.jpg



P9050159.jpg


P9050155.jpg




P9050162.jpg



P9050163.jpg



P9050177_20150923152719f18.jpg



全ての物には歴史があり、書物、石碑、言い伝えなど何かしら残さないと、そこで生きていた証でさえ自然に飲み込まれ消えていくんだなと改めて思うことが出来た、そんなツーリングでした。







にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村


【関連記事】
集落の謎 1
集落の謎 2
集落の謎 3
集落の謎 4
【現在のページ】集落の謎 5(最終)
関連記事
スポンサーサイト
Comment
廃村
前回、吹上天満宮の関連で調べたら富士市の同じ名前の天満宮に石があったんですが、それが、コメントの力石だったんですね。

上七尾、昭和の初期には無くなっていたんですか。

雰囲気のある林道もいいですね。
Re: 廃村
ラオさん、こんにちは。

雨宮清子(ちから姫)さんが紹介されている富士市今泉の吹上天満宮と、この山奥深くにあるこの吹上天満宮は何か関係があるのか判りませんが、こちらの天満宮も甲斐国志に載っている位ですから何かしら繋がりが有るかもしれませんね。
力石は見当たらなかったです。

今回のコース、オフ会に良いかな?と思いましたが、廃村巡りも有るので各々ソロで行ってもらった方が良いなと思いました。
ラオさん、是非行ってみてください。
こんばんは~(^^)
446年ですか!
確実にそこには人が暮らしていたんですよね!
時代と共に暮らしづらくなって、その結果廃村!
時代の流れのようなものを感じます(^^;)
雰囲気のある林道と廃村!
WRが画になってます(^^)
相対性理論
こんばんは。
待ってたよぉ~続き。
まったりした夜からお邪魔しますね。

いやー昔は賑わっていたんでしょうなぁ~。
こんな山奥にも人が住んでいるところがあったんですね
電気やガスは来てるのかね?
水は山から引けばいいけどね、電波は適当に飛んでるだろうから。。。。ラジオぐらいは聞けたろうに。

なんとも寂しいけど。
時の流れかねぇ。
そんな時を感じる旅をするのもいいね!
WRをお供に、羨ましい。

タイムスリップした感じですね。
相対性理論突き詰めるとタイムマシンか・・・・・。
いいですねー
古い石垣や苔の生えた欄干、林道脇の石碑。
いいですねー。赤石温泉には入ったことがあり、その近くにこんなに道があったなんて。地図を見ても道が無数にあっておもしろそうです。
舗装されていてもこういう所は行きたくなります。

ちなみに今日の私はここよりもう少し南の方へ行ったのですが、西富士の祟りかマシントラブルでトホホな結果になりました。キックの無いバイクなので押し掛けって重要!と実感しました。
Re: こんばんは~(^^)
ムコ殿さん、こんばんは。

> 446年ですか!
マジ~!って感じですよね。
代々ここに住んで家系を継承していくって凄い事ですよね。
昭和になり街の生活がより便利になり、山には住まなくなって行ったんでしょうね。
まさに現在の限界集落のあと数年、十数年後の姿なんでしょうね。

> 雰囲気のある林道と廃村!
> WRが画になってます(^^)

CRFだって様になりますよ、行ってみて下さい、ソロで(^^)/
Re: 相対性理論
テツ、こんばんは。

昔はどんな生活だったんだろうね?
当然活気はあっただろうね。
大人達は養蚕や畑仕事に精を出し、子供達が野山を遊びまわり、そんな生活かな?
電気はそんなに前からは無かった筈だし、ガスはプロパン?薪かな?
街の人間からすれば不便な生活と思うだろうが、どうなんだろうね。
歴史や風土を感じながらノンビリ走るのは楽しいね。
Re: いいですねー
ヤスさん、こんばんは。

今日は南のあそこに行ったんですね、私も去年行きましたが今年は行っていません。

赤石温泉入られたんですか!私はまだ有りません。
バイクで行って風呂入っちゃうともう走りたくなくなっちゃうんですよ(^^;
ここら辺はまだ未舗装もありますね、楽しそうですよ。

セロー、セルが逝っちゃったんですか?バッテリーかな?WRもキック無いから以前バッテリー弱った時は困りました。
これは祟りですね、小藪の祟りが未だ続いているんですよ!どこかで除霊して来て下さい、マジで(笑)
クマさんこんばんは~^^
クマさんの廃村シリーズは今回見るのが初めてで
また違ったツーリングの楽しみ方を教えていただきました。
僕ならこことここを通りましたで終わりそうですが
詳しい解説も付いていて面白かったです^^
よく調べておられますよね~。
チャンスがあればその辺り走ってみたいです。
Re: タイトルなし
旅好きライダーさん、おはようございます。
こんな感じで歴史など調べながらの林道ツーリングも楽しいです。
目を三角にして走るのではなく、ゆったりと山の雰囲気を味わいながら走るのは良い物です。
転倒したりするリスクも無いですし。
ここら辺は十分日帰り圏内です、この時は300kmでした、気楽に行ける距離ですから是非行ってみて下さい。
林道記事では収まらない。
昭和54年というと1979年。今から36年前も事ですね。生まれ育った場所を離れ、そこがもう二度と住む事が無い地になる事が分かるので、「離郷の碑」を建てられたのでしょうね。
石垣に草が生えているのは、天空の城ラピュタみたいですが、廃屋を植物が覆って行く様は自然の恐ろしさみたいなものを感じます。ヘルメットもブーツも使わなくなるとどんどんダメになりますが、人が住んでいない家もすごいスピードでダメになりますね。そう考えると人には何か力があるんですね。アタマも使わないと、どんどん・・・あー。
Re: 林道記事では収まらない。
チェチェチェローさん、こんにちは。

ここの廃村では無いですが、最後の一人になっても離れる事無く住まわれていた、とどこかに書かれていました。
代々ご先祖様が住まわれ、ご自身も生まれ育った地を自分の代で終わりにするのは忍びないでしょうね。
家って人が住まなくなると痛みが激しくなりますね、自然が飲み込んでいく様は凄いです。
私の頭も退化が激しいです、物忘れの凄い事凄い事(^^;
神秘的なツーリング
浅黄姫の身投げの話といい、林道の雰囲気といい、ゾクッとしながらも興味深く拝見しました。信玄も馬に乗って林道を楽しんだりしたんですかね~
Re: 神秘的なツーリング
マスオさん、こんにちは。

楽しんで頂けたみたいで良かったです。
歴史ある集落と悲しい物語、こんなツーも中々良いでしょ(^^)/
信玄は馬に乗ってここら辺の峠を越えてます、どんな隊列で進むんでしょうね?ちょっとワクワクしますね。
林道での楽しみ、信玄は林道で蕎麦ツーしたのでしょうか(笑)
鉄馬
神秘的なツーレポ、楽しく拝見させていただきました。
普段何気なく走っている林道も、色々な物語があるのかもしれないですね。
武田信玄の時代は、まさにこの林道を馬で走っていたんですよね。
今我々は、林道を鉄馬で走っています。
時代と乗り物は変化して行きますが、同じ道を走っているんですね〜。
Re: 鉄馬
かもねぎさん、おはようございます。

そうですね、普段何気に走っている道も古くからある道ってのも有りますからね。
林道の峠も信玄や信長、秀吉、家康が通った所も有ります、
(古道と林道のルートは一致しないので正確には近くを通ったって事ですが)
道すがら見た山の景色はきっと同じだったでしょう
まさしく馬に揺られて通った道を鉄馬で走り抜けるんですから感慨深いです。
こんにちは♪
すみません、すっかりコメ出遅れました…m(__)m。
廃村、しっとりした雰囲気ですが夕暮れ時は寂しさより一層⤴で…です(-_-;)。

先日ご一緒していただいたところ、以前行かれてた富士の見える地蔵のあるところに、今回のところもほとんど行ったことがなく土地勘がないので、すごい異郷のような気がしますが、そんなに遠いわけではないんですね…
いつかのんびりと行ってみたい気になりました。
Re: こんにちは♪
ぽちさん、こんにちは。

コメ出遅れ有りますねぇ~(^^;
書いた気になっていたり、記事更新を知らなかったり。
一人出遅れるとビックリします、というか、皆さんのコメの速さにビックリするのですが(^^;

土地勘がないと距離感が全く判らなくなりますよね。
六地蔵公園はこないだの所からそれほど離れていません。
機会がありましたらご案内しますよ。
こんばんは
写真の様な集落は、これから益々増えていくでしょうね。
私の田舎は茨城の石岡から少し入ったところで山間ではないのですが、売り家が多くなってきました。それほど生活に不便なところでなくても、家を継ぐ人がいなくなっているのでしょう。山間の集落であれば尚更なんでしょうね。
Re: こんばんは
ちょっとFatBoyさん、こんにちは。

高齢化社会、農村の過疎化、林業の衰退、限界集落、山間の集落は廃村になる確率は高いでしょうね。
歴史ある集落が無くなっていくのは、残念であり寂しいですね。
・・・だったら住んでみろよ!とか言われたら何も言えましぇん(^^;
時代がそうさせたのでしょね。。。
廃屋満タン!
謎の廃村散策の旅、お疲れ様でした。
廃屋の漆喰のやれ具合が脆弱さを醸し出してますね。日々、自然に還っていく様は寂しさそのものですが、ここに長きに渡る歴史があった事を碑が示してくれるのは、後世にしっかりとその存在を残したかったからなんでしょうね。歴史的な地に眠る深い想いが込められているのを感じました。
Re: 廃屋満タン!
かっき~さん、おはようございます。

離郷之碑がある事によってその歴史が判るんですから、碑を建てた事に感謝です。
碑には当主のお名前も書かれていて、子孫の為に残したかったんでしょうね。
歴史って言い伝えや書物で残らないと全て消えて行ってしまうものですからね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中性脂肪600のクマ

Author:中性脂肪600のクマ
中性脂肪600のページⅡの管理人クマです。

2016年3月より30thセロー250にWR250Rから乗り換えました。
林道ツーリングやキャンプツーリングの記録を更新したいと思っています。

2017年8月にDUCATI Scrambler Urban Enduro増車

ブログ名は、検査したら中性脂肪が600mg/dLだったので。
最近検査したら150mg/dLに落ちていました(^^)/

     
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
 
  
RSSリンクの表示