HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  ツーリング日記   »  廃村ツーリング  »  集落の謎  4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集落の謎  4


の時おじさんは教えてくれた、

あの山の少し平らになっている所があるだろう、と目の前の山を指さした。


P6200302s.jpg



う~ん、どこですか?

P9050113.jpg



あの山の少し下、と再度指さしてくれた

P9050114a.jpg




あそこはもう廃村になってしまったが「狩宿」という集落があるんだよ、今は産廃のリサイクル工場が一軒だけあるんだけど、名の通り、源氏のお殿様が狩りをする時に泊まった集落なんだ。

『狩宿』・・・知っている、以前、廃村を訪ねてで来た事がある。

<その時の記事 またかい?廃村2 その3(最終)

以前訪れた時には、廃村と廃寺を見て随分古い墓石が有り、ここの集落はいつからあったのか?と思ったが、ようやく判った。


狩宿は仙洞田のすぐ先、おじさんは言った、あそこは信玄も通った古道があるんだよ・・・。

どこなんだろう!さっそく探りに行こう。


狩宿集落
P9050073.jpg



P9050076.jpg



P9050077.jpg



P9050078.jpg



7~800mで舗装路に突き当たる、左に曲がると長知沢という集落を通り52号へ出る、ここは以前行ったので右に行ってみる。

P9050079.jpg



舗装はされているが最近は車が通っていない感じ

P9050082.jpg


5~600mで広場に出た

P9050101.jpg



吹上天神杜と看板に書かれている

P9050084.jpg



地図に載っていない神社があるようだ。

急坂の道だが、これは参道だろう。バイクで上がる訳にはいかないので歩いて登ってみた。

P9050085.jpg



P9050086.jpg


P9050087.jpg


P9050088.jpg



歩きにくいオフブーツでは無くハーフブーツとは言え、やはりきつい!日頃の運動不足が祟る・・・祟りか(^^;

狛犬ならぬ牛像だ!

なぜ牛なのだろう?

帰ってからググってみたら、天神さまの場合は牛像だそうです。

P9050089.jpg



150905page6.jpg



本殿は看板に書かれているようにもう直ぐ崩れて谷底に落ちそうだった。

由来など表示されているものも無く何も判らない。

どんな由来が有ってこんな山奥にあるのだろうか?

折角ここまで登って来たので賽銭箱に小銭を入れ今日の安全を願掛けしてみた。

150905page7.jpg




帰ってから調べてみると「山梨県神社庁」というサイトにありました。

■御祭神: 菅原道真公
■例祭日: 四月二十五日
■由緒沿革:
 創建年月不詳ながら、「天神宮鳥居村、社地参拾坪、北方西郡筋高下界ノ山上ニ在リ吹上天神ト称シテ登拝ノ者多シ、三月二十五日ニ祭ル」甲斐国志による。



150905map3a.jpg



さて、林道に行ってみよう。

続く


にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村



【関連記事】
集落の謎 1
集落の謎 2
集落の謎 3
【現在のページ】集落の謎 4
集落の謎 5(最終)
関連記事
スポンサーサイト
Comment
廃墟が怖い~~
自分的には山奥は好きですが廃墟があると心の中で「ごめんなさい」と言って即退散です(汗)

廃墟の前で写真撮影流石です。。。
自分なら何か写るんじゃないかと思い真似で来ません!!
Re: タイトルなし
クレズさん、こんにちは。

新潟にも廃墟は多いですか?全国津々浦々に有るのでしょうね。
山村の過疎化・高齢化に伴い増えて行ってしまうのでしょ。
生まれ育ったふる里や家に魂が残っていても不思議ではないような気もしますが。。。
集落の人達が生活していた当時を想像すると怖さも若干薄れます(^^;
自然に飲み込まれ朽ち果てて行く家の姿には恐ろしさと共に自然の凄さが伝わります。
ちょっと怖い感じがしますが、神社を閉山?する場合は何か手続きがあるんですかね?

氏子の皆さんはどうしてるんですかね?

あたくしの場合はビビリなんで、独りでは行けそうに有りませんが‥^^;
Re: タイトルなし
TOMさん、こんにちは。

神事の事とか全く知らないんですよ(^^;
どうなんですかね?本殿を移動させるのか?閉めるのか?
人里から離れた山の中、電柱なども無かったような気がしました、今から思うとちょっと怖いですね(^^;
知られていないって凄い
こんな古道や天満様が、知られていないような所にあるなんて、見てみたいなんていうのは、自分だけでしょうかね。

牛は菅原道真の関係ですかね。
南巨摩郡富士川町鳥屋一五一八ってなってますけど、昔は天神宮鳥居村って言ったらしいですよ。

初めまして。
廃村、切ないですね。
かつては山歩きの途中、何度か見かけました。カレンダーの中で昔の女優さんが笑っていたり。
やはり山梨県でしたが、山中の一軒家の軒先に赤と青の水筒が軒先にぶら下がっていて、ああ、ここにはかつて小学生の子供がいたんだなあと…。
子供の頃住んだ集落を尋ねた人がいました。でもすでに廃村になっていて、その人は自然に帰ってしまったかつての我が家を見て号泣していました。

今は限界集落へ時々行きますが、空き家が増えていますね。昔は街道沿いに栄えた歴史ある集落ばかり。端正な顔立ちの人が多いです。残ったご老人たちが細々と神楽をやっていたりします。

また廃村や限界集落の様子など、ご紹介ください。
Re: 知られていないって凄い
ラオさん、こんばんは。

今はこのような現状ですが、狩宿が賑わっていた頃とかは違っていたかもしれませんね。

ラオさんが教えてくれた天神宮鳥居村でググってみたら山梨県神社庁というサイトで吹上天満宮が出ていました。
甲斐国志によると登拝ノ者多シとの事ですから昔は賑わっていたのでしょうね。
そんな歴史がやはりあったんですね。
是非見に行って下さい、あの地域はまだまだ色々ありそうです。
通りすぎてます・・・
きっと気が付かずに、通りすぎているでしょうね、自分の場合。参道もバイクで登って行きそうだし・・・
本殿が谷に崩落したらどうするんでしょう?そのまま土に還すのでしょうか。サッシ戸やトタンのカベと違い鳥居とアーチ橋は建立当時のようですね。
Re: タイトルなし
雨宮清子(ちから姫)さん、はじめまして。

コメントありがとございます。
廃村を見かけると不気味さと物悲しくを感じます。
生活用品などを見かけると、昔は不便ながらも生活が有り、
村人達が生き生きと暮らしていたんだろうなと勝手に想像してしまいます。
それがひっそりと自然に飲み込まれ行く姿が物悲しいですね。
山深く林道を行くと廃屋などあります、また機会がありましたら記事にしてみます。

「力石に魅せられて 姫は今日も石探し」よく調査されていて大変勉強になります。
力石の事は知りませんでした、興味深く読まさせてもらいます。
Re: 通りすぎてます・・・
チェチェチェローさん、こんばんは。

あの参道、日頃の運動不足には結構きつかったです(^^;
山登りは出来ないなと改めて思いました。
参道はやはり歩かないとまずいでしょう、バチがあたりそうですよ。
歴史あるものですからね、そのまま放置という訳にもいかないでしょうが、どうするのか。
行ってますねー
陽のあたる演習場以外にもこんなのあります。
①ダートの高速からヒョッと林に入って軽トラ無理をトコトコ行って由緒あるらしい神社に裏からアプローチ。
②御殿場市の水源の一つらしい所へ至る先の方は徒歩用か?という倒木・ずれたら5m、しかも入り組んでいて、暗くなりかけて迷いそうになりかなり焦った、一人では行きたくない、市内すぐ。

よかったら御案内しますよ、ツーにはなりませんが。
いいですね~
道を極めていいるって匂いがプンプンします!
廃村探検、見ているこっちも引きこまれます。
自分ひとりでは無理っぽいので尚更ですね~
Re: 行ってますねー
albireoSZさん、こんばんは。

御殿場にも有りますか、人知れずひっそりとある神社。
色々な所にあるのでしょうか、知る機会も無いですからね。
ちょっと見てみたい気になりますね、今度連れて行ってもらおうかな。
行ったついでにお土産に馬刺しを買って。
Re: いいですね~
マスオさん、こんばんは。

林道、山奥、廃村・廃集落、林道ツーリングでは有りますね。
ただ走るだけでなく、こういうのを組み込むとより楽しくなります。
廃村探索は一人で行かないとダメです。
マスで行くとただ単に興味本位の肝試しみたいな感じになってしまいます。
ひとり五感を研ぎ澄まし、集落の人々の生活を感じる事でお邪魔する事を許してもらうみたいな。。。
やっぱり怖いですね(^^;
クマさんこんばんは~^^
廃村には世間にあんまり知られていない
事実や歴史があるんですね!
武田信玄がとても好きなので
からむネタになるとやっぱり気になります。
踏み込むにはちょっと勇気も入りそうですが
おっしゃるように想像や耳を澄ましてみると
当時の生活や息遣いを感じるかもしれませんね。
一度探索してみてもいいかも^^
Re: タイトルなし
旅好きさん、おはようございます。

廃村巡りには林道はセットで付いてきますからね、WRで是非行って下さい。

> 武田信玄がとても好きなので
> からむネタになるとやっぱり気になります。

山梨界隈はやはり武田ですよね、武田領であった集落で武田菱を見つけ出すなんてのも楽しい筈。
折角林道を走るのですから、歴史有りそうな物を写真に収め、帰ってから調べるなんてのも良いですし、
調べてから探しに行くツーはもっとドキドキして楽しいです。

時の流れに
おはようさん。
シルバーウィークの朝からお邪魔しています。

いやーワクワクどきどきしちゃうねぇ。
やっぱ、廃村には何か時の流れを感じますね。
昔、お殿様の狩場の宿があったとはねぇ~。
相当山奥だと思うけど・・・・・命がけだね。

しかし、急斜面に建てたんだね、しかも山奥に。
訪れる人もいないのでしょう。
お賽銭のご利益があるといいね。
Re: 時の流れに
テツ、おはよう。

地名ってやはり由来があるよね。
地名から想像するってのも楽しいね。
昔は山で生活する人はマタギみたいなもので何でも知っていたんだろう。
軍隊だって犬越路の山奥を兵・馬などが越えるんだもの、どこでも行けそうだ。
昔は歩いて日本全国へ行くんだから足腰の強さは現代人とは相当違っていたかもね。
ドキドキ
廃村巡りは1人で行かないとダメなんですね。
神秘的とも見えますが、やはり1人で訪れるには怖い場所ですねー。
まるで「千と千尋の神隠し」にでも登場しそうな「牛」の像があったり、
コケの感じがいい味出てますね。
写真が綺麗だから、臨場感たっぷりでドキドキしちゃいます。(^-^;)
Re: ドキドキ
かもねぎさん、こんにちは。
廃村って怖いですよね、それってやはり家主さんの魂が残っているかもですね、
だって自分が生まれ育った家ですものね。。。
ですから探検じゃなくお邪魔させてもらうって気持ちが大事なような感じがします。
写真では表わせられない山の神秘と言うか霊気というか、そんなのも感じたりするかも(^^;
是非一人で行って下さいな、二人で行くと味気ないですから。
コメ遅くなりました(^^;)
苔むしった階段が現状を物語ってますね~!
集落の荒廃と共に今では手入れをする住民の方もいないのでしょうね!
このまま朽ちていくのかと思うとなにか寂しさも感じちゃいますね(^^;)
数年後に訪れたらどんな感じになっているのかも見てみたいような気も・・・ww
Re: タイトルなし
ムコ殿さん、こんにちは。

参拝する人も居ないのでしょね。
集落が無くなると共に寺や神社はその役目を終えるのでしょう。
数年後はどうなっているのでしょうね?
鬱蒼と茂る草の中に眠るのでしょうか、見に行かなきゃ(^^)/
地図にない神社
廃村来ましたね〜(^^)
とっても雰囲気が出てますね。まるで、時が止まったかのようです。
以前は、ここで普通に生活されていた訳ですが、手付かずの人間の生活跡って、何か恐怖めいた物と物悲しさを感じます。一人では怖くて行けるか…自分では通り過ぎてしまうかも(^^;)
チェッチェッチェローさんと一緒で参道と気付かずにバイクで登っちゃうかも…(^^;)
Re: 地図にない神社
かっき~さん、こんにちは。
山の中の寂しい~~~感じでています?(^^)v
狙い通りですわ(笑)
でも夕闇が迫っていたら、そりゃぁきっと怖いですよ。
私は絶体に夕方には近づきませんよ!
それに参道はダメよぉ。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中性脂肪600のクマ

Author:中性脂肪600のクマ
中性脂肪600のクマです、「クマ」とお呼び下さい

以前の名前は「中性脂肪600」でしたが、オフ会で名前が呼びづらいので「クマ」に変更しました。

2016年3月より30thセロー250にWR250Rから乗り換えました。
林道ツーリングやキャンプツーリングの記録を更新したいと思っています。

ブログ名は、検査したら中性脂肪が600mg/dLだったので。
最近検査したら150mg/dLに落ちていました(^^)/

リンクフリーです。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
  
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。