HOME   »  2016年07月
Archive | 2016年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初のキャンプツーリングその4【林道走って帰還】

昨夜は確か23時頃にテントに潜った筈、皆さんはその後マッタリと焚火を囲んだようです。
シオヤ君とのりすけ君が焚火の後始末をしてくれたそうな、ありがとう!
丑三つ時に尿意をもうようしテントから這いずり出しトイレへ、戻って暫くすると「%&$#い~!」・・・寒い?苦しい?と言ったのか?
隣りの文豪Pさんのテントからだ、寝言なのか?幽霊に首絞められてるのか?ともかくデカイ声だ(笑)
何だか目が覚めてしまって3時頃にタープ下に行って椅子に座ってまどろむ。
・・・実は、テントの中で一度目が覚めてしまうと、あの狭い空間に籠っているの辛くなってくる(^^ゞ 閉所恐怖症だね。

「ピッピッピッピ」確か3時過ぎか?まだ空が暗かった頃、目覚ましが鳴った。
また文豪Pさんのテントからだ。。。
この音で大半の人が一度目を覚ました様だ(^^;
後に判ったが、テント内がゴミ屋敷になっちゃって会社用スマホが見つからなくなり個人用携帯から呼び出したらしい。
お互い布1枚ですぐ隣で寝ており、屁の音でも迷惑掛けそうな緊迫した密集状態なのに。。。
まだ酔いが覚めていないのか、はたまた音を発する事に関してボリュームのツマミがぶっ飛んでいるのか?
昨夜の宴の大騒ぎといい、世間では一般的にこれらの事を騒音トラブルと言うと思うのだが、、、
当の本人は全く意識しておらず、オフをガンガン走ってテントで寝るような人種の癖にどんだけデリケートなんだよと開き直る始末(笑)
この方、若い頃は相当酒に呑まれたらしく、武勇伝の数々がブログに書かれていましたが、それはそれは凄まじい(^^ゞ
今は当時と比べると大人しくなったよぉと豪語するのだが。。。

素面になると「うるさくしてごめんなさいごめんなさいごめんなさい」と素直に謝り、
犬がお腹見せて許して許してと服従姿勢してるみたいなぁ・・・ですから勘弁して下さいなぁ と。
ただ、お腹見せてナデナデしてと言われても・・・虎ですから!怖いですからねぇ(^^;
でもこの方が居るととても楽しくなり、無くてはならない存在なのも事実。このキャラで今後も突っ走って下さい(^^)/


さて、早朝からPさんに起こされた一行は一路林道を目指しキャンプ場を後にしました。

20160717001.jpg



林道に詳しいぽちさんが以前走破された林道を案内してくれる事になったが、どこも工事通行止め。
20160717002.jpg



先導のぽちさんにお任せでどこをどう走っているのかチンプンカンプン(^^ゞ

20160717003.jpg


20160717004.jpg



20160717005.jpg



工事中と表示されていたが行ける所まで進んだら橋が崩落して工事中、ただ本日は休工日のようです。
ぽちさんが歩いて下見して「行けそうです」との事。
Pさんが昨夜の事への恩返しのつもりなのか、ひとり先陣を切って進んで行った。
ユンボ手前の盛り土を乗り越え下ったところでバイクが変な挙動をした、一瞬バランスを崩し掛けたが日頃の練習の成果か持ちこたえた。
盛り土を下った先にはギャップが有るのだなと皆さん思ったのでしょう、リアに積載した大荷物で無事越えられるのか一瞬躊躇していると、
大丈夫大丈夫!行ける!行ける!カモ~ン! 俺は上達したから(^^)v 的な手招きをしている。
Pさんが日頃の練習で上達したのは判っている、ただ昨夜あんなに騒いだくせして、調子に乗りやがって『ちっ!』 と皆さん思ったのか、
「あのまま置いて行きましょうか、焦るでしょうねハハハ」と誰が言うともなくそんな囁きが聞こえてきた、
それは紳士的な些細な負け惜しみだったかもしれない(笑)


・・・かもさんのブログでは私が言った事になっていた・・・オレ?・・・か (^^ゞ


20160717006.jpg



20160717007.jpg



大きな崩落個所が有ったが横を抜けられて、今回のツーで初めての林道完抜けであった。
いやぁ~、助かった、ここまで来たが崩落で通過出来ずまた戻るのか!みたいな事にならずに助かりました。
Pさんのブログでは、「あそこで引き返さなくて良かったよ、あなたのお陰だ。有難う。」の感謝の言葉一つ誰からももらえず次へ移動と書かれていたが、ここの崩落で先に進めなかったら、「Pさんが調子に乗っておいでおいでなんてするから!冗談じゃないよ!」と言われかねない間一髪の所であった。
ありがとうは言わず、とりあえず文句は言う これがT弾丸の掟だ(笑)



20160717008.jpg




20160717009.jpg



20160717010.jpg



20160717011.jpg



この栗原川林道で、私は初めて熊に出くわしました。
先頭を走っていると、10ⅿ程先で熊(小熊)が林道を歩いていました。
私もビックリしたが小熊もビックリしたのか慌てて林道を横切り、崖の木に掴りどう切り抜けるか思案中のようで暫く動けなくなったそうです(かもさん談)、私は小熊の所から5~6ⅿ先に進んでしまったので、バイクから降りて写真を撮ろうと思ったが、親熊が近くで見ているんじゃないかと思うと怖くてバイクから降りれませんでした(^^ゞ
写真提供:かもさん



20160717012.jpg



20160717013.jpg



40km近くも有る栗原川林道を完抜けして、後はひたすら高速を走って帰るのみ。
結構な遠征でしたが、楽しい仲間とキャンプで一泊出来、林道も走れ、Pさん大活躍のキャンプツーリングでした。

あ~楽しかった(^^)/



にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

初のキャンプツーリングその3【キャンプ】

やぁ~とうとう温泉の時間ですよ!

一日の汗を流せます、今までこの経験はT弾丸では有りませんでしたからね、目指すは秘湯木賊温泉

木賊(とくさ)温泉の名は、植物の木賊が群生していたことに由来し、今から約1000年前に発見され、“会津の隠れ湯”だったと伝えられているそうです。

混浴ですぜ、旦那(^^)/

計画段階のLINE1.jpg♥混浴の文字に異様な盛り上がるオジサン達。

若い子いるかなぁ
いねーですよ。普通
いや、早朝とかはにるみたいですよ
呑んだら早朝ムリぽ
チ○コにティッシュ付けないように気を付けて(*^-^*)
キャンプ場からバイクで10分位なのかな?絶対無理だねもしかしたら、深夜でも、いるかも
マジかよ~ウレピ~
温泉だけ入って帰ります


04aad2b0-1629-4b02-99e9-07d2dcd20b76-2A.jpg



脳卒中か心筋梗塞を起こしそうな勢いなのである





20160227104259a.jpg





ま~、結果は想像通り、小さい湯船に他の入浴客も居て、オヤジの芋煮状態だったそうです

私達4人(ぽちさん・かもねぎさん・やすさん・私)はちょっと遅れた為に入れるスペースも無く、そこから300mほど離れた共同浴場広瀬の湯に移動しました。

b01f4574S.jpg



こちらは脱衣所もあり、先客4人ほど居ましたが洗い場が空くまで湯船にじっくり浸かって1日の疲れを癒します「あ~気持ちよか」


ぽちさん 「いい湯だったぁ」
aP7160213.jpg



さ~ビールビール!

このシルクバレーキャンプ場は「ジョッキ生」が飲めるんですねぇ~!リピーターライダーが多いってのも頷けます。


20160716018.jpg




20160716017.jpg




a20160722222751.jpg



ビールの空き缶が山積になる頃


20160716019.jpg




20160716016aa.jpg



ここで文豪Pさんさんのお話をひとつ。
別にこれといった記事にする事は無い、酔うと「楽しい絡み酒」になるだけの話なんですが、
そこはそれ、飛び抜けて楽しいブログ記事を書く文豪Pさんなので人気者!
また最近は自身のレベルアップの為に毎日の様にウイリー等の練習をストイックにされており
練習風景動画を公開し敢えて恥を晒し自分を追い込むという荒業までこなし、現チームTD(チーム弾丸)内からも、上位チームTK(チームかっき~)からも一目置かれている存在なのである。
そんな文豪Pさんなので、芸能人と同じで、普段見る事が出来ない一面があると皆さん興味深々になってしまうのです。
そうそう、あと素敵なデザインも作る事が出来る多才の持ち主です。
20995b8fA.jpg



才能が有る分、凡人とは違う部分も有るという事ですかね。
輝ける部分が大きい程、反対に暗い部分も際立って見えてしまいます。
ご家族、娘さんから最近「キチ〇〇!」と言われているそうです (○゚ε゚○)プププー

今回のツーでも早朝4時前からインパクトレンチを使いホムセン箱を取り外すという御近所大迷惑な事をされたそうです。
ツーで持参したイス、ヘリノックスのフラッグシップモデル「チェアワン」、軽量コンパクトなのに座面が大きくゆったりくつろげるアウトドアチェアの最高峰、今回は数人の方が持参されましたが「俺の皆のよりなんで小さいのよ!?」とシオヤ君にキレる
シオヤ君:それ子供用ですから。。。

夜お酒が入って暫くすると段々と声が大きくなって来て、目が逝っちゃて。。。(笑)
年配の私達に気を使って、お酌をして回ってくれている のりすけ君に「おい、どこ行った!お前はぁ目と歯しか見えねぇ~よ!」と叫び~の、
私には「おい!お前!東京のお前!東京だぁ~&%$#&・・・ムニャムニャ」と目が合う度に連呼され(笑)
やすさんには、「やすさ~ん」と抱き着いて羽交い絞め
かもさんには恋愛相談を始め、かもさん優しいから真剣に相談にのってあげたのに、朝になったら全く覚えていない、
かもさんだけが皆の前で身の上話をしてしまったような。。。

夜も10時を回ってキャンプ場マナーとして10時以降は周りに迷惑を掛けない様に静かにしなければいけないのですが
「おい!みんな~~っ、朝練行くぞぉ朝練!あ・さ・れ・ん!
きれんのかぁ~お前たちは!おれはいぐよ~~~!

焚火を囲みながら皆さん困った・・・といった表情。。。だったような気がします。
私も酔っていたのでそんな記憶しか残っていませんが(^^;

文豪Pさんは、酔ってただ声が大きかったってだけです・・・キャンプ場ではそこが問題なのですが(笑)

だから、野営が一番なんですね、大声出せば獣除けになるし、皆安心できますから、ですが本人はお化けが怖いとか言って

野営を嫌がるワガママ駄々っ子なんですよ!野グソが出来ない自分がそんな事を言えた義理じゃないですが(^^;



朝、
これ、ソロで来て、こんな連中とキャンプ場で一緒だったら、完全に失敗した日ですね(笑)とボソッとこぼしてました。

シオヤ君が、シオヤ君がそう言ってました。

※文豪Pさんの夜の実態は一部誇張して表現されております

そんな楽しい文豪Pさんのブログを是非ご覧ください、笑い転げてしまいますから(^∇^)

Road To Nowhere CB1300SB&セロー250




20160716021.jpg





20160716020.jpg



続く


にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村




初のキャンプツーリングその2【難民】

サンタカさん先導で東北道から日光宇都宮道路で日光に到着。

14Tの高速巡行はしんどいわぁ、どこかのボルトが脱落するか、差し歯が取れても可笑しくない連続高周波振動を耐え切りました。

ノーマル15Tの連中がメットの下でニヤニヤしているのが悔すぃ!

給油とコンビニで昼食を仕入れ、名前の通り、霧の中の霧降高原を通過する。

20160716007.jpg


霧降高原という地名の通り、雨ではなく霧、でも霧にしちゃずぶ濡れだろうみたいな感じになりました。
合羽着るのか着ないのか難しい判断です。
私は、多少は濡れてもグローブまでビッチャにならないのがボーダーラインですかね。
皆さんはどうでしょうか?
ヤスさんはそれより遥か手前、ポツッと来たら着込むみたいな、相当な安全対策を取っており、
雨が止んで皆が合羽脱いでもひとり我慢!曇りから炎天下になると「あぢ~~!」と脱ぎ出す始末(^^;
暫く涼むようにTシャツで体温調整されていました(笑)
ヤスさん曰く「雨に濡れると溶ける」とか謎のコメ書かれていましたけど、
何かぎこちない笑顔といい・・・謎ですねぇ、ひょっとしたら地球外生命体か何かですか?・・・(^^ゞ


霧降高原から川俣湖を目指し、本日1本目の林道「川俣桧枝岐林道」です。

林道突入前の川俣大橋で小休止
20160716008.jpg



川俣桧枝岐林道「全面通行止」とは書いてあるけど、バイクなら行けるんじゃね?的なのりでスタート
20160716009.jpg



だが、しかしガッツリと崩落!延々遥々と250km近くも走りようやく辿り着いた林道、ダートを1~2kmも走ったら工事通行止めかよ(T_T)

20160716010a.jpg



さぁ困った!林道難民だ
サンタカさん・ヤスさん・シオヤ君がルート確認中、今は、ぽちさんは口を挟まず主催者がヘルプ要請なら出ますという感じですね。

20160716011_2016072017221721e.jpg



この時点で何を懸念しているかと言うと、当初予定していたシルクバレーキャンプ場は、この林道で山越えしない場合、
国道・県道を大回り(約90㎞)して行かねばならず、延々とまた舗装路を走らなければならない。
では、キャンプ場を変更して他方面の林道に変更するのはどうか?そうなると、キャンプ場はこの3連休でどこも混んでいるだろう、
スマホで検索し、シオヤ君がキャンプ場に電話してくれたが「9張は無理~!」との事、キャンプ難民だ。
そうなってくると野営という単語がボソッと出て来た。
オフライダーなら野営だよ!・・・ん?経験無いの?的な雰囲気がベテランさんからか出て来た。

「良い広場なら知ってますよぉ~」とぽちさんが口火を切った。

一瞬の静寂が男達を包んだ・・・。

「別にイイよ!林道走れれば」的な発言のヤスさん・サンタカさん・シオヤ君
そうなってくると別にイイよ、皆がそうならばと「どうぞどうぞ」的なダチョウ倶楽部のネタ的になって来た。
マジか(^^ゞ
おぃおぃ、待ってくれよ!野営っていったら野糞だよ!
私は別にどこでも寝れる、すぐ寝れる、ただ、しゃがんで用を足するのは左膝が爆発するんだ!

ぱるさんは「俺、野糞は大丈夫だよ!葉っぱが有れば問題ないよ」とか強がりを言ってやがる、そのくせ野営は止めようぜぇと懇願している。
葉っぱでケツが拭けるだと!畜生!俺はダメだ、出来ればウォシュレット付が良い、育ちが良いもんだからガハッ(^^)

こんなのはどうだろう、コンパネでムコ殿さんに作ってもらうってのは?
使い終わったら焚火にしてしまえば持ち帰らないで済むよ

20160717008ba.png



ぱるさん: 却下!却下!だよ。気張ってブリッとか出て縁に付けたりする奴が出て来るよ!そんな奴の後では使えないよ(^^;
クマ: 気張らないで、ギリまで我慢するのは?それも危ないか間に合わなかったら(^^;

だよねぇ~とかしょうもない話題で盛り上がってしまった(笑)

しかし、真剣に考えて、MY携帯便器は必要かもと思ってしまった。
171429585_2.jpg



それにしても、ぱるさんが野グソ以外に野営を嫌がる意味が分からない?


最近は里山にkuma1.jpgが出没している、それも人を怖れないらしい、そんなのが居ると思うと確かに恐ろしいが。。。


まぁ、そんな心配より結果、キャンプ場にtora1.jpgが出てしまったが(笑)

20160716012.jpg



20160716013.jpg



20160716015.jpg



テントを設営し一休みし、夕飯の買い出しと通行止めでピストンだが田代山林道を登山口までピストン。
フラットダートで走り易く、ついつい調子に乗ってツーリスト石爆弾をしてしまった、サンタカさんごめんなさい。

20160716014.jpg




さあ戻って温泉入って飲みましょう。


にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村



初のキャンプツーリングその1【サイドバッグどうする】

TEAM DANGUN OFF会メンバーによる初のキャンプツーリングお泊り会が開催されました。

個性の塊の様な人達が多いですからねぇこのチーム、それはそれは大騒ぎな楽しい一泊林道キャンプツーリングでしたよ(^^;

事の始まりは、前々から林道走って林キャンツーしたいねぇ~とは話題にはなっていました、
「クマさん企画してよぉ」とは言われていたのですが、
この個性的なメンバー(^^; 山々に木霊する
『道じゃねぇし~~』とか『ガハハハ~』とか、
それはそれは楽しく騒がしいメンバーさん達ですよ、夏だファミリーキャンプでGO!のこの時期、
どこもかしこも難民キャンプ状態なのに、林道選ぶよりキャンプ場選ぶ方が難しいわ!と躊躇しておりました(^^;
そこへ一通のメール、

キャンプ好きといつもツー企画されているみなさん こんにちは!
サンタカさんと北関東林道のキャンプツーに行く事になりました、皆さんもどう?


おぉ!とうとう痺れを切らせてヤス軍曹さんが名乗りを上げた(^^;
総勢9+1(日帰り)の10名で7/16-17に行われました。

林キャンツーとなれば、キャンプ道具をどう積込むかが問題になります。
WRの時は素晴らしい防水サイドバッグがありましたがセローではまだ持っていません。

P2220102_1_20160718071842bc4.jpg


wolfman_logo_sm_20160718072752149.jpg



条件は、キャリアやサイドバッグ用フレームが必要ない防水サイドバッグ
物色した結果、JAPEX で販売している
BLIZZARD SADDLEBAGS Lsize / ブリザードサドルバッグ【ENDURISTAN / エンデュリスタン】
が良いかなぁ~

謳い文句はライディングを妨げない、オフロードバイク、アドベンチャーバイク専用の完全防水防塵サドルバッグ

以下JAPEXさんのコピペです
縫い目のない溶着構造により完全防水防塵を実現。
ラックが不要。バッグ単体で車体に取り付けできる。
積載スペースが少なく、リアフェンダーが細いオフロードバイクでも使用できる。
動きの大きいオフロードライディングを妨げないデザイン形状。腰を引いても足がバッグに当たりにくい。
片側のバッグにつきコンプレッションベルトを4つ装備。
ボトルホルスター取り付け可能(片側2個、左右合計4個まで)。
フェンダーバッグ取り付け可能(片側1個、左右合計2個まで。M、Lサイズのみ)。
摩擦と引き裂きに強い3層構造の生地を使用。内側は荷物を探しやすいレッドカラーコーティング。
開閉方法:ロールトップ(開口部を3回折り返してバックルで留める方式)
水洗い可能。

容量 S:12リットル(両側) / M:17リットル(両側) / L:24リットル(両側)
寸法 S:全長36×高さ24×横幅9cm(片側) / M:全長36×高さ24×横幅12.5cm(片側) / L:全長36×高さ24×横幅18cm(片側)
重量 約1.5kg(両側)

サイズ違いは横幅だけ、ならば大きい方がイイじゃんとLサイズをポチリました。

blizzard_main.jpg


KTMじゃねぇけど上手く取り付くかな?ゼッケンサイドカバー無いセローだけどどうなのよ?

積載量はこんな感じ、工具類も断捨離して必要な物だけにすればもっと積込めそうですし、現状でも小物類はまだまだ入ります。
20160716001.jpg




↓やっぱダメじゃん!ゼッケン貼るスペースがあるサイドカバーが無ければ。。。
20160716002.jpg




急遽アマゾンで翌日届く、ハーレー用?のサイドバッグ サドルバッグ サポートをポチリました。
価格:¥ 3,191
20160716003.jpg


届いてみれば、パイプでは無くスチール丸棒で出来ていて重たいけど仕方が無い。


↓帰って来てからのサイドバッグの状態、汚れてはいますが、問題無く使用できました。
20160716006.jpg




さて、話を戻します

出発前日夕方にセローに荷物を取り付け、緩み・ガタの確認も終わり、やれやれ、あとは出発するだけとホッとしていると、



ピンポン♪とLINEの着信音



20160716004.jpg


林道キャンプツーリングをホムセン箱で参加しようと舐め切っている奴が居た(笑)

リアフェンダーから優に30㎝は後方に飛び出して積載しているのは、

最近自主練でウイリー・ジャックナイフが出来るようになって来た努力の人ぱるさんでした。

当然、その後の皆さんとのLINEやり取りでは大盛り上がりでした(笑)


早朝5:30自宅を出発、東名横浜ICから首都高中央環状の灼熱トンネルを抜け東北道羽生PAに向かいます

20160716003_20160718093011a88.jpg



羽生PA8時出発予定なので、順調にこのまま到着すれば7時ちょい過ぎ、これは1番乗りだな(^^;  と思っていたが。。。

aP7160153.jpg



多くの方が到着されていた(笑) 6:30には到着していた強者も居たとか。。。

どんだけワクワクしてたのか!遠足前の園児そのもの(笑)

それでは参加者の皆さんのパッキングを見て見ましょう


かもねぎさんのモンスターエナジーWR290R
A級整備士の資格を持つ彼、道具の拘りと、いつでもどこでも何でも出て来る携帯のスペシャリスト。
正直、この人が居ないと林道ツーリングが不安になる程に、もう頼り切っちゃっています(^^;
今回のキャンプでも大活躍!なんでもかんでも持って来てくれるので頼れるわぁ~
道具や物が欲しくなる性格らしく、日用品でも買いまくっているそうです(笑)
aP7160154.jpg



今回の企画者のひとりサンタカさん、このXRもフルチューンされてます、セルも態々取っちゃてるし(^^;
上手くパッキングされています、よくこれだけでのバッグで入り切ったるなぁ~という感じ。
そうとう道具を吟味して必要最小限度でキャンプ慣れしている感じです、
「替えのTシャツ持ってこなかった~」と温泉入った時に嘆いていましたが、断捨離の極みですなぁ(笑)
aP7160157.jpg



企画者のもうひと方、ヤス軍曹。
笑顔を忘れた伝説の人(どんな伝説だww)
レンジャーと言われるだけあって野や山にアグレッシブな方なのだが。。。
何故か雨に濡れるのが大嫌い(笑) 完璧な防水防滴に装備してます、どんだけぇ!(笑)
aP7160158.jpg




今年の年末に宗谷岬で極寒キャンプで年越しするキャンプの達人シオヤ君
さすがキャンプ慣れしてますねぇ、極小装備で上手く纏まっていますね。
さすがの達人シオヤ君でも、この林キャンツーでは想定外が起こってしまったそうです、
現在詳しい内容な判っていませんが、帰りのハードな林道でサイドバッグがずれてマフラーに直接あたり穴が開いたそうなww
想定外が起こるチーム弾丸、何が有るか判りません(笑)
aP7160155.jpg




sasaさん、キャンツー前日のLINEで、ぱるさんのホムセン箱パッキングで大盛り上がりしている最中、
19:58「まだ帰れません」と悲痛の一報を送ってくれた彼
今、どんな気持ちで仕事しているのか(^^ゞ。。。どんな返信を送ったら良いのか皆さん迷ったらしく
既読スルーになっちゃいました、ごめんなさい
野宿界のカリスマ。 寺崎勉氏に憧れキャンプ道具を揃えたとか言われていました。
いつもニコニコ物静かな彼、こんな騒がしいオッサン達とのキャンプで大丈夫でした?
aP7160161.jpg




この方もいつもニコニコ物静かな のりすけさん。
どの位のキャンプ歴か聞きそびれましたが、サイドバッグ無くても上手く纏まっていますねぇ
温泉でみんなの貴重品の見張り番をしてくれたり、キャンプの夜では、年配者にお酌をして回って、
これでもか!と言う程気を使ってくれて最年少のシオヤ君と同じ年の二人、弾丸のオッサン達の面倒を見てくれました。
aP7160162.jpg




おおおぉ!見よこのパッキング!と思ったら今日は日帰りの ちょっとFatBoyさん、チーム弾丸内では「ちょとF」さん
それにしちゃ荷物大きくないか?と思いきや、この日の為に水出しアイスコーヒーを態々作ってくれて、
何本も凍らして持って来てくれました。
去年の房総ツーの時もそうでしたが、この日も前日の寒さから一転、とても暑くなり冷たい珈琲が美味しかった。
皆さん喉が乾いているもんで、乾杯の写真を撮るのも忘れて飲み干してしまいました(^^;
aP7160160.jpg




「林道生き字引」の、ぽちさん。
まぁ~良く知っている(^^; 何十年とデータを集めて来たぽちさん、今回の林道は工事通行止でどこもかしこも走れず
予定を変更ばかりで、臨機応変に林道をチョイスしてくれました。
今回は完全に「おんぶに抱っこで」状態で全てお任せで楽しい林道をチョイスしてくれました。
aP7160159.jpg




あれれ?ホムセン箱じゃない ぱるさん
前日皆さんに笑いものにされ、これではイカン!と早朝4時から荷物を詰め替えたとの事。
今回のキャンプを一番楽しみにしていたらしく、1週間前からシオヤ君に「これはどうなんだ?あれはどうする?」
などしつこい程にLINEをしたそうな(笑)
皆さんとのキャンプが楽しくって仕方なかったらしくキャンプの夜は・・・おいおい書いて行こう(笑)
aP7160156.jpg







羽生PAでの会話あれこれ

タープについて
【当日前】
今回の企画メールで「タープを持っている方は持って来て下さい」との呼びかけ
かもねぎさんが、「ファミキャンで使っているタープありますから持って行きます」
道具が多いのに更にタープまでも!ありがとうございます。
自分もモンベルのソロタープ有るので、「役に立たないかもしれないけど一応持って行きます」
やはり役に立たなかった(^^; 設置せず(笑)

【当日】
キャンプにタープなんて考えられない(黒シオヤ君)
タープ持ってくる奴はバカだってシオヤ君が言っていました(黒ぱるさん)
ソロタープ持っていたんだけど黙っていたよ♪(黒ヤスさん)

油断できない!正直者が利用される、それがルールだ。






20160716005.jpg





300XR改のサンタカさんの先導で一路、林道を目指し日光まで出発。

スプロケを14Tにした我がセロー!巡航速度100キロ以上でエンジンがキーーーーン!の高回転

耳キーンってなるわ!



次回に続く


にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村






久しぶりのソロで

P7020267.jpg


今年3月に乗り換えたセロー、まだソロで走って写真を撮った事が無かったので、本日7/2(土)午前中にちょこっとソロでお出かけしました。

場所はシオヤさんプロデュースで先週行った南富士林道群。

ここは植林の手入れが良く素敵な場所です、今日はやや霧が出ていて、1年前の初オフ会の下見に来た時の様です。

P7020275.jpg



去年の写真
P3210533.jpg


P3210564.jpg


懐かしいです


1年経ってバイクは変わっても素敵な景色は健在のままです

P7020281.jpg


P7020273_2016070215214287a.jpg


P7020269_201607021521467cd.jpg



P7020286.jpg


P7020284.jpg


P7020285.jpg


P7020292.jpg


P7020294.jpg


P7020297_201607021531218f3.jpg



今回は作業道をメインで走ってみました。

どこまでも続くぬかるんだ道に、このまま進んだら戻りが厳しい感じがしたので途中で戻りました。

次回誰かご一緒しましょう!

静かな森の中を、静かなセローでトコトコ走る。

こんな楽しみ方が自然も傷めず、精神的にも罪悪感なく楽しめて素敵だな!なんて思いました。




P7020307.jpg


P7020309.jpg


P7020324.jpg



帰りには山開きした富士山が顔を出しました、皆さん登山してるんでしょうねぇ。

P7020325.jpg



昼過ぎには無事カエルのプチツーでした、といっても250km走ったけど。


にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村
プロフィール

中性脂肪600のクマ

Author:中性脂肪600のクマ
中性脂肪600のクマです、「クマ」とお呼び下さい

以前の名前は「中性脂肪600」でしたが、オフ会で名前が呼びづらいので「クマ」に変更しました。

2016年3月より30thセロー250にWR250Rから乗り換えました。
林道ツーリングやキャンプツーリングの記録を更新したいと思っています。

ブログ名は、検査したら中性脂肪が600mg/dLだったので。
最近検査したら150mg/dLに落ちていました(^^)/

リンクフリーです。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
 
  
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。