HOME   »  2016年02月
Archive | 2016年02月

流氷を見てみたいツーリング2

:00からの朝食を済ませ、装備を着こむ。

この重装備、前回の北海道ツーリングと同じですが、初めての方もいらっしゃるかと思いますので紹介まで。

【ウエア類】下から着ている順番です
上半身
[モンベル]ジオラインL.W.Tシャツ Men's ( 品番 #1107484 )
[モンベル]ジオライン EXP.ラウンドネックシャツ Men's ( 品番 #1107518 )
チョモランマ 紳士上(ハイネック)下(前開きタイツ)セット
ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) ウインドストッパーウォームインナージャケット ブラック LL RR5334
[モンベル]パウダーランド パーカ ( 品番 #1101443 )
ストレッチクリマプラス200 バラクラバ ( 品番 #1118154 )

下半身
[モンベル]ジオライン L.W.トランクス Men's ( 品番 #1107620 )
[モンベル]ジオライン EXP.タイツ Men's ( 品番 #1107522 )
チョモランマ 紳士上(ハイネック)下(前開きタイツ)セット
[モンベル]ベンティスカダウンパンツ ( 品番 #1101314 )
ラフ&ロード 防水透湿 クイックオープンオーバーパンツ

【ブーツ】
[モンベル]メリノウール エクスペディション ハイソックス ( 品番 #1108883 )
[モンベル] mont-bell ウ゛ェイルブーツ
アイススパイク [ice spike] 靴に付ける滑り止めバンド


これに、二―シンガード・エルボーパット、ハッキンカイロをネックウォーマーと腰に。

これを着こんでチェックアウトする頃には汗が吹き出します。
(ハッキンカイロはこの時だけで、その後は暑いから装着しませんでした)



ェックアウトする時は、昨日居なかった奥さんが対応してくれました。

『オートバイで行くんですか!くれぐれもお気をつけて下さいネ』 と心配そうに声を掛けてくれた。

『ありがとうございます、気を付けて行って来ます』

普段ならそんな当たり前の、当たり障りの無い挨拶だが、この厳冬期では真剣に気を付けないと!

心配してくれる奥さんの言葉も身に染みる。

気温は-2度、タイヤ圧はフロント・リア共79kPaあたりで様子を見てみます。

20160220a8.jpg



まずは国道237号(日高国道)で国道274号(穂別国道)が交差する地点まで一本道を進む、国道274号(穂別国道)が日勝峠を越えるのである。

富川シティーホテルを出発して1時間、写真の時刻は09:02となっている、昨夜降った雪がもう融けてシャーベット状になっている。

↓の写真を撮っている時、路線バスが通り過ぎて行ったのだが、運転手さんが軽くクラクションを鳴らし、こちらを見ながら片手を上げてエールを送ってくれた。

とっさの事だったので会釈しか出来なかったが、真冬にバイクに乗るツーリストを応援してくれている。

今まで、道民の方は真冬にバイク乗って迷惑な輩だと白い目で見ているのではないか?と内心思っていたのだが、

「物好きな奴も居るもんだ」と、応援してくれる人も居ると思うと年甲斐も無く無性に嬉しかった。

これから吹雪の峠を越えようとしている、どんな困難が待ち受けているのか、、、

ある程度は想像できるが、実際にはまだ体験していない、不安になる自分の背中を押してくれた気がした。

P2210050_1.jpg



路面はシャーベット状の雪が有るもののアスファルト路面がタイヤ1本分~2本分出ているのでトレースして順調に走る。

国道237号(日高国道)で国道274号(穂別国道)が交差する地点にまでやって来た、ここには道の駅があるが休むことなく日勝峠を目指した。

国道274号(穂別国道)を少し進んだ地点、雪が融けた濡れた路面は無くなったが、シャーベット状の雪は健在だ。

20160220a9.jpg



日高ウェスタンファームのあたりは白く路面が変わった(当然冬期休業中)

20160220a10.jpg


全高13mの巨大熊のオブジェの写真と共に大型トラックが写っている、ともかくトラックが多い。

絶えずバッグミラーでトラックが来ていないか後方確認をする。

道幅が広い所では良いが、そうでない所ではトラックをやり過ごす為の路側帯は、除雪した雪の壁となっており、

早め早めにスペースを見つけながら走行しなければならない。

気が付かない内に後ろに着かれてしまったら、速度の違うトラックに迷惑を掛けるし(上りでは速度を落としたくないだろう)、

こちらも焦って滑ってしまうかもしれない。

こちらは遊び、彼らは仕事中だ、ともかく他人に迷惑を掛けないようにする為には後方確認が最重要なんです。

ここからはとても撮影出来る状況では有りませんでした、シャーベット状に積もった雪はフロントタイヤのグリップを失わせ、

ヌルヌルとのたうちながら滑る、何となくバナナの皮の上で滑るような感じなのである。

セローの様に両足が余裕で付けばかなり安定して走れるとは思うが、ローダウンしたWRでも私には若干高い。

そんな訳で写真を撮る余裕も無かったです、何度もトラックをかわし必至の思いで頂上に辿り着いたのでした。

11:10 日勝峠到着(走行距離102㎞)

2日目GPS-1S



誰も居ない、何もない、だがそれで充分、安堵と共に走り切った達成感を味わう。

P2210012.jpg


展望台に上がって景色でも撮影出来ればと思っていましたが、雪の中でした。
P2210013.jpg


ムコ殿さ~ん、TEAM DANGUN ステッカーここまで連れて来ましたよぉ と、自己満足(^^♪
P2210016.jpg



ところで吹雪はどうしたんだろう?

全く吹雪く気配が無かったが。。。

221天気図


221-12天気図


221-6降水


221-12降水



この時は、低気圧は抜け、荒れた天気も通り過ぎた後でした。

なんというツキの良さ!『いまどこ』をご覧のになった皆さんはご存知のように、今回は私、持っていたんですねぇ(^^)v


さて、気を引き締めて下ります。この先の下りが見えていますね。

P2210018.jpg


P2210019.jpg


↓正面に見える山の左側を(こちらから見て)抜けて来たようです。
P2210021.jpg



無事日勝峠を下り切り、清水町を抜け『美蔓パノラマパーク』という場所で小休止

P2210027.jpg


P2210025.jpg



ちなみに夏はこんな感じの様です。
美蔓



私とほぼ同時にここに着いた札幌ナンバーの乗用車、年配のご婦人3人とご主人が景色を見に来た。

「どこから来たんですか?」
「東京です、フェリーで来たんですけどね」
「そりゃそうでしょうけど、バイクでこの時期ですか!凄いですね(◎_◎;)」

と呆れられているようでした(^^;

そして肩をすくめてWCの方へ走って行かれました。

そうか、車に乗ってる人は表に出ると寒いんだよな(笑)

極寒装備していると、この程度の気温では暑く感じる位だから忘れていた(笑)

さて、まずは上士幌を目指し、本日の宿、糠平温泉を目指します。

ちょっと脇道で撮影
P2210029.jpg


P2210034.jpg




本日の宿まではまだ有りますが、本日はここまで。



にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村



【関連記事】
流氷を見てみたいツーリング 1
流氷を見てみたいツーリング 2【現在のページ】
流氷を見てみたいツーリング 3
流氷を見てみたいツーリング 4
流氷を見てみたいツーリング 5
流氷を見てみたいツーリング 6
流氷を見てみたいツーリング 7
スポンサーサイト

流氷を見てみたいツーリング1

ライブで更新していました、『流氷を見てみたいツー いまどこ』をご覧下さった皆さま、応援コメ入れてくれたブロ友の皆さん、

昨日2/25 PM10:45無事帰宅致しました。

まずは御礼申し上げます。

到着ご報告がてら、第1日目まで記事を更新したいと思います、それではご覧ください。

(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/(^^)/


2016/2/19(金) 21:45大洗港

息子と共にトヨタレンタカーの1トントラックでWRを大洗港まで運ぶ、前回はワンウェイシステムを利用して一人で運んだが、

ワンウェイシステム代7,560円が掛かるので、どうせ払うならと息子にアルバイトを頼んだらOKしてくれたので二人で大洗到着。

高速を走りながら息子と色々な会話を楽しみながらだったので意外と早く感じました。

息子には自宅まで気を付けて無事カエルしてくれよと頼んで別れる。

20160220a1.jpg


数台の乗用車、トラックは10台程か、ともかく空いている。
今回は、「さんふらわあしれとこ」
乗船時間までシーンと静まり返ったターミナルロビーで一人ポツンと待つ


20160220a2.jpg


23:15乗船、WRを固定
カジュアルルーム4人部屋を一人貸切 運賃合計: \22,550
今回とても役に立った折りたたみ式Bluetoothワイヤレスキーボー Clever® IC-BK03 ¥ 3,999
ともかく、スマホでの文字入力がとても遅く苦労していましたが、このキーボードのお陰でコメント返信がPCと変わらず、とても助かりました。


出航前に息子からLINEで無事帰宅の連絡があり一安心。

2016/2/20(土)
大洗(01:45発)→苫小牧(19:45着)深夜便(下り)「さんふらわあしれとこ」は定刻通り大洗を出航。


翌朝も海は穏やかで揺れる事も無く順調に航行。

DSC_0525.jpg




20160220a3.jpg



展望ラウンジでカップラーメンで昼食、ハイシーズンでは考えられない贅沢なひと時。


※本当は贅沢な旅してるんでしょ!?とツッコミを入れてくれる方の為に記事追記致します

【船内施設案内 深夜便ホール】
24時間オープンのホールでは、軽食やお飲み物のメニューを取り揃えており、電子レンジも完備しております。
また、談笑スペースとしてもご利用いただけます。

※深夜便に運航している「さんふらわあ しれとこ」と「さんふらわあ だいせつ」はレストラン営業をおこなっておりません。
しれとこimg02
商船三井フェリー 船の紹介・船内施設より(Webより抜粋)

なんですよぉ~。
決して贅沢三昧、フランス料理豪華フルコースを食べたのを隠すための偽装カップ麺じゃないんですから(^^;
おにぎり2個とジャムパン1個を食べたのは隠しております。 ・・・あっ言っちゃた(^^;


さて、その頃、南の海上から低気圧が追いかけて来るのでありました。

22012時天気図



東北に差しかかると海上では大粒の雨が降って来て、断続的に降り続く。

まもなく苫小牧港に到着、スマホで天気を調べると曇り、船のアナウンスでは雨だという。

この時期に北海道に来て雨かい!と思わずツッコミを入れたくなる。

この肥満体型に、極寒用防寒具を着込んでいるのに合羽は着れるのか?一抹の、というより相当不安になる(^^;

想定外の事態だ。

フェリー下船のアナウンス前にデッキに出て雨の具合をチェック、まぁ何とか合羽を着なくて走れるかな?という小雨で安心した。

小雨は下船する時には雪交じりの雨に変わっていた、これならこのまま雪に変わるだろう。

20160220a4.jpg



WRの燃料警告灯が点いている、苫小牧港近くのGSで満タンに給油し(開いていて良かった!)第1日目の始まりである。


220天気図



じわりじわりと追いかけて来る低気圧、今夜から明日にかけ北海道は相当荒れるらしい!


真っ暗な国道235号を日高町富川を目指す、途中完全な雪に変わり、富川に到着する頃には白い路面に変わろうとしていた。

20160220a6.jpg




本日の宿、富川シティホテル
プラン名:【朝食付】ビジネス&観光に☆得割プラン 宿泊料金合計:5980円
富川シティーホテルWebより

駐車場には数台の車が止まっており、駐車場の隅にWRを駐車させシートを掛け、フロントへ。

ご主人が「バイクですか!」と驚かれていた。そりゃそうだろう(^^)

「今夜から天気は荒れますよ」と驚かされる。

朝食の時間の説明を受けた後、『本日はお客さん一人です』 と告げられ更に驚かされる、ちょっと怖いじゃん(^^;

4階の部屋で一人ポツンと。。。怖いと思ったが直ぐに寝てしまった、寝つきが良いのはありがたい(^^)


1日目GPSログ2


本日の走行42㎞



翌朝、いよいよである。


平成28年2月21日05時02分 札幌管区気象台発表
太平洋側東部では、引き続き21日朝まで東の風が雪を伴い非常に強く、海はうねりを伴いしけるでしょう。
猛ふぶきや吹きだまり、大雪による交通障害に警戒してください。
<雪の実況>(アメダスによる速報値)
 20日17時から21日9時までの降雪量
  十勝地方 帯広空港    45センチ
       芽室      39センチ
  根室地方 中標津町桜ケ丘 32センチ
       羅臼      31センチ

引き続き、地元気象台や測候所が発表する気象情報に留意してください。



朝のニュースでは、大変な事になっちゃうよぉ!!と叫んでいるのである(T_T)

20160220a7.jpg



スマホアプリのアメミルで日勝峠付近の様子を見ると

P2210042_1.jpg



日勝峠とは
道央〜道東を結ぶ交通の要衝である。
標高は1,022mであるが植生環境から見れば3,000m級の環境となっており、走行条件の厳しい峠となっている。
日高町大颱橋から清水町石山までの区間(33.3km)は、特殊通行規制区間になっている
また気象変化による悪条件も重なり事故の多発地帯として有名であり、特に凍結路面となる冬場は、世界でもトップクラスの
厳しい峠であると指摘されているそうです。

日勝峠



ググると冬の日勝峠は危険、プロのドライバーでも迂回するほど危険な峠であると色々と書かれている・・・(^^;

2007年のちょっと古い北海道新聞帯広支社の記事が載っていた

道東自動車道の十勝清水(清水町)-トマム(上川管内占冠村)間(20・9キロ)が10月21日、開通する。交通の難所の日勝峠(国道274号)を避けることができる。生活や経済への影響を探った。

とする道東自動車道の十勝清水(清水町)-トマム間開通を喜ぶ記事の一文に

並行する国道274号の難所・日勝峠(標高一○二二メートル)を避けられることが最大の利点。同峠 は山頂までつづら折りの坂道が続く上に、霧が年平均六十四日発生。道東-道央間の交通の要衝として昼夜を問わず大型トラックが往来し、一九六五年の開通か ら事故が多発して「魔の峠」と呼ばれてきた。
  同峠で起きた人身事故は、昨年までの過去五年間で百六十五件。うち十六人が死亡、二百七十九人が重軽傷を負った。今年も九月末までに、四人が命を落としている。
  清水町の男性会社員(60)は「町内の高齢者は冬場は金が掛かってもJRで札幌へ行く。冬の日勝峠は怖かった」。


という記事があった。

これでもか!これでも行くのか!
そんな峠を越えようとしているのか。。。



何はともあれ朝食だ!


DSC_0527.jpg



お一人様で食べるのであった。



にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村



【関連記事】
流氷を見てみたいツーリング 1【現在のページ】
流氷を見てみたいツーリング 2
流氷を見てみたいツーリング 3
流氷を見てみたいツーリング 4
流氷を見てみたいツーリング 5
流氷を見てみたいツーリング 6
流氷を見てみたいツーリング 7

流氷を見てみたいツー 5日目最終

本日最終日、無事道内走行を終え苫小牧フェリーターミナルに到着できました。
狩勝峠、日高峠まで全線70キロ雪道走行でした、いつそんなに降ったの?
有終の美を飾るように、最後にこれでもか!と言うほど雪道を走らせれました、2日目、3日目の峠ほどは滑らなかったですが、ほんと疲れました。
道内約1000kmでしたが無転倒で走り切れました、めでたしめでたし(^_^)
沢山の応援コメントありがとうございました。
帰宅後、写真をメインに記事を書きますね。

現在16:05、苫小牧フェリーターミナルでまったりしております。
出航は夜中の1:30、長ぇぇぇけど寒いからもうバイク乗りたくないんでガランとしたターミナルにポツンと居ます(笑)














にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村

流氷を見てみたいツー 4日目

どうよ?コケた♪
安否確認を楽しみにして下さるブロ友の皆さんお待たせしました。
しぶといジジイですねぇ😊
本日も無事でしたよぉぉぉ(笑)
だって移動だけですから♪

今朝は網走湾で流氷観光船を見に行きました、旧正月終わったのにまだ居る団体中国人にジロジロ見られそそくさと後にしました。
その後、流氷とWRの写真を撮り(吟味した一眼の写真は後ほどアップ予定です)
本日は移動日とし、素敵な風景写真を撮りながら一路本日の宿、上川郡清水町に向かいました。

暖冬の北海道、雪が融けるのが早いです!国道はあっという間に雪がシャーベットから塩カリの水たまりになり、対向トラックに塩カリシャワーを何度も浴びせさせられ、前を走る車からは塩カリミストをプレゼントされます(>_<)
国道はほぼウエットアスファルト路面に変わりました。
塩カリ浴びようとも、すべらない道は楽ですぅ!
明日は最終日、明日は冷え込むようです、峠は融けた雪が再度凍り滑るんじゃねぇかぁ。。。
大人しく移動日にする可能性おおいにあります。
では気をつけて楽しんできます。

1枚目は昨日です





にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村

流氷を見てみたいツー いまどこ3日目

無謀な挑戦をするジジイの安否確認を楽しみにしている皆さん(笑)
お待たせしました。
または、本当に心配してくれている皆さん!(これ実際は家族だけでは?)と疑心暗鬼になっている中性脂肪多めのクマです。

今日も生き延びましたぁ!

誰?しぶとっ!と言ったの。
今日はマジで怖かったですよ!
正直、もう雪道はいいや。。。と思いました。
とにかく、無事に峠を抜けたいと心から思いました。

チョー滑る路面!緊張の連続、
実際、デミオのカップルがスピンして壁にクラッシュ!
助け出すのを協力しました。
コーナーの連続に大型トラックの猛進!変なところで転けたらペッチャンコになる運命!
もう怖くて怖くて挫けそうになりました。。。

でも、励ましてくれる道民の方も多いです。
路線バスの運転手さんはクラクションならして手を振ってくれました。
道路公団のパトロール中の方も手を振って応援してくれるんです。
出会う方出会う方、凄いですねぇ!走れるんですか!と驚かれます。
そんな励ましや、対向車ドライバーの口あんぐりの表情を糧に頑張れるんです(笑)

さて、自分、持ってるんじゃね?と思うほラッキーな奴です(笑)

だって、今日、自分網走到着ですもの♪るん
網走気象台は、22日午前「流氷接岸初日」を発表しました。昭和34年の観測開始以来最も遅い接岸初日です。
だそうですよ!
めでたく流氷見ましたよ、ちょっとショボかったですが(笑)

ツーや旅など、ラッキーな事があると一生の思い出になりますね。
そんな1日でした。












にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村

流氷を見てみたいツー いまどこ2日目

日曜日の夜、晩酌してほろ酔いのあなた、さてさて、北海道大荒れなんだろう!中性脂肪多すぎのクマはどうよ?死んでる?♪ルンと楽しみにパソコンに向かったあなた!
または心配してくれたあなた!

生きてますよぉぉ(^_^)
死ぬほど怖かったですが(大袈裟ですが)
自分、持っているんでしょうか?
吹雪が通り過ぎた後に通過したのでしょう?それほど恐ろしい事は無かったです。
これは吹雪の件ね、

本日の山場、日勝峠。
事前予測では楽勝と思っていましたが、気温が高くなったこの時期は手強かったです(マイナス6度でしたが)シャーベット状の路面は氷路面とミックスになりいきなり滑ります、怖いんです!
雪降った翌朝、革靴で通勤する緊張感。
またはスケートリンクをスニーカーで全力で走る緊張感(経験無いですが)
この緊張感は峠最高点だけではなく麓まで続くんです。
もぉ肩コリコリなんです。

で、今は糠平温泉に疲れを癒やします。

明日は道内最高峠三国峠、石北峠を越えます。

どうなるんでしょう。。。か!












にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村

流氷を見てみたいツー いまどこ

苫小牧は雨まじりの小雪でした。
現在は日高町富川に来ております
真っ暗な国道235号は最初は写真のように雪は無かったですが冨川近くからは
うっすらと白い路面に変わりました。
明日ヤバそうな天気です。
どうなることやら。








にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村

いまどこ

電波が繋がりました。
現在朝7時8分 仙台沖合を航行しております。
牡鹿半島が見えます。
天候曇り、波は穏やかです、デッキに出たけどそれほど寒くはないです。
続きを読む

乗船しました

前回と同じくレンタカー1tトラックで22時前に大洗に到着しました。
今回は息子と二人で大洗まで来て、息子にはトンボ帰りしてもらう荒技を5000円引き受けてもらいました(^-^;
ありがとう!家族に支えられ遊んでおります(笑)



当然バイクは1台です。
車も数台、トラックは何台くらいかは判りません。
まぁ、空いていることは確かです



部屋も貸し切りです。

後は揺れなければOKですが(^-^;

流氷を見てみたいツーリング 準備

2014年 年末~2015年 年初めに掛け極寒北海道ツーリングをし、白い北海道を堪能してしまい、

今年も行ってみたいと思っていたが、年末に娘夫婦が孫と一緒に里帰りとの事、奥様からツーリング禁止令が発令されました。

孫と楽しい&しんどい年末年始を過ごし、仕事始めから長期の出張も終え、ようやくツーリングに行けます(^^)/

前回の初チャレンジの時は、未知への挑戦に対する不安をネット爆買いする事で紛らしましたが、

今回はこれと言った購入品も無く・・・というか今回の挑戦は、爆買いしたんだから今年も行かないと勿体ないよ!

という事からのツー計画なんですがね(^^;


極寒北海道ツーリング対策1
オーバークール対策はゴム板(2mm)に両面テープでラジエターに張り付け
ガムテープ(粘着力の強いアサヒペン パワーテープ )でフィンに目張り

20160218a001.jpg



極寒北海道ツーリング対策2
ラフローのハンドルカバー取り付け時の隙間をガムテープで塞ぐ
ナビしてもらうスマホ入れはチョッと大き目、冷え込んだらカイロをぶっこみます

20160218a004.jpg



極寒北海道ツーリング対策3
ガムテープチューンばかりでは何とも寂しいので、パンク修理用の携帯ジャッキを用意しました。
ただのステンレス長ニップル、ステンレス製ねじ込み チーズなんですが(^^;
これが有るだけで安心感が違いますね。
極寒の中、ジャッキアップするためにウロウロするのは体力的にも精神的にもシンドイと想像できますので。。。
また、パンク修理のパッチは寒さで張り付かないそうなので、前後替えチューブは持参します。

20160218a002.jpg



極寒北海道ツーリング対策4
スパイクは必需品ですね、今回新調したのはリアのみ、フロントは前回のを再使用です。
若干摩耗したスパイクがグリップしてくれるのか一抹の不安があります。
空気圧は取り敢えず走って様子見で滑るようならもう少し落そうと思います。

 ↓フロント スパイクが減っています
20160218a003.jpg



さぁ、こんな安易な準備で大丈夫なのか(^^;
前回程の緊張も無く(多少は緊張していますが)、もう直ぐ出発という感じが全くしない。。。
何となく嫌な感じがする・・・。
年初めの旅好きさんの怪我するアクシデントも有りましたから、ここは何はともあれ最重要課題の『無事カエル』、
これを徹底させますよ。
無理しない・調子づかない・カッコつけないを心掛けます。

それでもちょっと嫌な感じなので・・・
今回のツー期間の旅行保険を購入

hoken1.jpg


随分と気が楽になりました(^^)



さて、現在の北海道はどんな状況でしょう?

まずは、今回目標の流氷ですが

20160217流氷情報



どうも網走の海岸までは来ていない様です。

私の旅程より一週間早く、先週よりブロ友のキャンプツーリングに行こう ブログ主へっぽこさんが走られています、

どうやら流氷は見れなかったようです。。。残念でしたね。(たぶん自分もそうなるでしょうが)
ところでこの方、キャンプツーですから!強者ですねぇ(^^;



雪の状況は?
今回走る北見・網走方面は雪が少ないですね、やはり北方面だったかなぁ。。。
20160218a005.jpg


20160217峠情報


今週初めは寒気団がやって来て路面は真っ白でしたが、今は融け始めていますね

通過予定の峠は?
20160217日勝峠情報


20160217三国峠情報 (1)


20160217石北峠情報



素敵な景色に出会えるか楽しみです。


にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村



プロフィール

中性脂肪600のクマ

Author:中性脂肪600のクマ
中性脂肪600のページⅡの管理人クマです。

2016年3月より30thセロー250にWR250Rから乗り換えました。
林道ツーリングやキャンプツーリングの記録を更新したいと思っています。

2017年8月にDUCATI Scrambler Urban Enduro増車

ブログ名は、検査したら中性脂肪が600mg/dLだったので。
最近検査したら150mg/dLに落ちていました(^^)/

     
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
 
  
RSSリンクの表示