HOME   »  2013年東北ツーリング
Category | 2013年東北ツーリング

13年5月 東北ツーリング その8(最終)

ページⅠよりサルベージしました、写真拡大版(若干)です。

D801a.jpg
て、いよいよ福島入りです。

その前に昨日の夕食の話を少し。

ホテルルートイン仙台多賀城に19:30到着し、すぐに大浴場に入りに行った。

どっぷり首まで浸かり芯まで冷えた体を温め、乗車姿勢のまま固まった各筋肉がようやく解けた。

備え付きの部屋着に着替え館内のレストランへ。

今日もホタルイカ食しちゃうかな(^^♪るん

とか思いメニューを見ようとしたら、ウエイトレスのお姉ちゃんが

『本日はバイキングしか御用意できません』との事。

えぇぇ、マジか!見るとバイキング用に用意されてたおかずは・・・

思い出すことが出来ないくらい魅力ない料理の数々(それも数少ない)だった。

また着替えて外に出て行くのも面倒なので諦めて渋々食した。

後で調べたらホテルから200ⅿも歩けば『牛タン利休 多賀城店』があったのだ!
D802.jpg

仙台来たら牛タンでしょ!・・・・トホホ完全な敗北だ。

これが食べたかった。

D804.jpg

しかし2013夏に北海道ツーリング時に仙台→苫小牧のフェリー乗船前に食べたのでした(^^♪
美味しかった。


さて、
5/2最終日

走行軌跡 530km 多賀城→相馬→南相馬→福島→福島西IC15:00(東北自動車道)→首都高→自宅20:30

テルを出発し海岸線を目指した、途中GSは何件かあったが、あと30㎞は走れるだろうと思い、そのまま進んだ。

海岸よりやや内陸側を走る道を進む、ここら辺は、山が無く平地なので道の両脇は、

数百メートルも(それ以上か)被災していて何キロも続いていた。

やがて津波被害でTVで良く放映された仙台空港を通過した。

それまで住宅や商店など被災して皆無だった。そう、GSも被災していて廃業していた。

ヤバイそろそろ燃料警告灯が付きそう!

被災地内の道を止め内陸側を目指した、GS・GS・GS。。。こういう時は中々無いものである。

岩沼市という大きな街にでて、ようやく給油する事ができた。

この冷や冷やした経験があったので後にタンクを『I M S ビッグタンク』に変更した。

北海道では300㎞無給油で走る事が出来、ビッグタンク恩恵を堪能できました。

北海道はでかい、林道を走るようルートをとると、通過する町も小さく町と町の距離が長かったりし、

GSも少なく、一つ逃すと致命傷になったりしたのではと思います。

ノーマルタンクでは絶えず給油を意識して走らなければならず疲れます、

その点、ビックタンクは精神的に余裕が生まれ楽でした。



がて、雰囲気が変わってきた。

観光客らしき人達や他県ナンバーの車も多かった今までの有名被災地とは、

明らかに違う地域に差し掛かった。

福島県に入ったのだ。

ここは観光地では無かった。

警察車両もやたらに多く(他県の警察車両が多い)、なぜか道を走る車両を監視している車両もあった。

TVによく映っていた、検問をする警察官、あの方達は一日中か判らないが、道路に立って、

微量?の放射能を被爆しながらお仕事なさっているのだから大変ですね。

それと、今回の2/8の46年ぶりの大雪の雪かきを経験し、東日本大震災のがれき処理をされた、

自衛隊や警察の方々の苦労がよく判りました。



さて、地元民の軽自動車の後に付いて、通行止め規制されている海岸に近い地域に入ってみた。

そこは行きかう車両もなく、人気の無い寒々とした地であった。

136767147797513118386.jpg

136767152403313117985_DSC_0302p.jpg

D808.jpg

馬からの海岸線は放射能の問題なのでしょう、手つかずの荒れ果てたままだった。

放置してある車両には赤いスプレーで遺体確認済みであろうマーキングがされていた。

今までの被災地と明らかに違う国の対応に、怒りというか、無力感というか、どうにも出来ない、

放射能の怖さを感じた。

被災からもうすぐ3年、視聴率が取れなくなったのだろう、TVの放映もめっきり無くなった。

デフレ脱却には原発が必要と政府は声高に訴える。

代替え案が無い限り、原発再稼働は必要なのかもしれない。

そして、なし崩しに福島は使用済み核燃料などの核の廃棄置き場になるのかもしれない。

戊辰戦争の時のようにまた福島の方々が貧乏くじを引かされるのでしょうか・・・。



相馬以南は通行止め箇所が多発し、時間も押して来たのでここまでとして

相馬に戻り、道の駅そうまでお土産を補充して、福島市内に向かい山の中115号線を走る。

この新緑で彩った山々も放射能で汚染されているのかと思うと残念で仕方ない。

かなり山深い地に工事トラックの搬入口があった、そこは軽自動車ほどの大きさの

無数の青ビニール袋に入れた放射能汚染残土置き場だった。



今回の旅で被災地の距離の長さを身を持って体験できたのは良かった。

この距離を元通りにするにはまだまだ時間が掛かるだろう。

復興前の惨状も見れたし、ソロキャンプもでき、充実した旅だった。

福島西IC15:00に乗り20:30無事帰ってこれました。

走行距離
1日目 460km
2日目 410km
3日目 320km
4日目 370km
5日目 530km
合計  2090km


今回の4泊5日費用
高速:  \11,450
ガソリン: \9,782  60.48L(途中給油分のみ)
宿泊:  \14,400
食費:   \5,265
食料:   \3,804
雑貨:   \4,812
土産   \16,515

合計:  ¥66,028


↓宜しかったらポチッとお願いします、励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


関連記事
13年5月 東北ツーリング 1
13年5月 東北ツーリング 2
13年5月 東北ツーリング 3
13年5月 東北ツーリング 4
13年5月 東北ツーリング 5
13年5月 東北ツーリング 6
13年5月 東北ツーリング 7
13年5月 東北ツーリング 8



スポンサーサイト

13年5月 東北ツーリング その7

ページⅠよりサルベージしました、写真拡大版(若干)です。

D701_R.jpg

設住宅を数ヶ所通過して海に出た。

堤防らしき物があり、その内側には住宅があったと判るコンクリート基礎のみがあった。

この堤防を津波が乗り越えて、何もかも流してしまったのだろう。

瓦礫は処理されているので、コンクリート基礎が見えなければただの空き地であって、被災地とは判らないだろう。

瓦礫はきれいに山盛りされ、シートで保護されている、やはり日本はきっちり作業するなぁ。

初めて見た被災地はそんな印象だった。

D702_R.jpg

釜石→大船渡→陸前高田→気仙沼と被災地を見ながら南下した。

f94d45d337.jpg
気温5度、4度表示の時もあった。

小雨が降り続いてとても寒かった。

被災地の映像はTVで何度も放映されているので、地名は判らないが、『あっ!この建物見た』

という場面が何度もあった。
D705A_R.jpg

D705_R.jpg

D706_R.jpg
の駅も被災していた、建物の中には花が供えてあった。

お客さんや働いてた方が津波に巻き込まれたのだろうか。

御冥福を祈り、現場で手を合わせた。

被災地の復興状況は、名前が有名な場所(TV等で放映してるなど)は更地がかなり進んでいた。

ただ、名前も判らない小さな漁村や集落は全滅している所もあり、

瓦礫を取り除く最中や、手つかずの事が多かった。

まずは人口の多い街からなのだろう、確かにそうだろう。

被災地を見るまでは、一向に進まない復興に、一体いつまで掛かってるんだ!と思っていた。

だが、これは大変な事なのだと判った。

ダンプやユンボなど相当数が作業している。道を走ると乗用車よりも多く走っている感じさえする。

津波被害は余りにも距離が長い、永遠と続いていた。



道は海岸沿いをくねくねと入り組みながら走っている場所が多々ある。

そのカーブを曲がる度に、
D707_R.jpg
写真は無いが、この後の看板は『ここまで』と書かれている。

こんな立派な看板が建っている。

観光客も大勢来るから、必要なのだろうが、こっちが先かね?と思うほど次から次へと出てくる。

D708_R.jpg

仙沼に入った。

ここで昼食にしたいと思い、復興屋台村や復興横丁に行ったが、すごい人!

観光バスが何台も泊り、ぞろぞろと人が歩いている。TVで観る年末のアメ横みたい(^^ゞ

一気に萎えてしまった。

給油で立ち寄ったスタンドの兄さんに、『復興横丁凄い人だったよ、あなた達も食べるの?』

と聞いてみたら、『いえいえ、地元の人は食べませんよ!』と言っていた。

だよね、あんなに混んでたらやだもんね。完全に観光地だしね。

あなた達はどこで食べるの?・・・と聞き逃した(^^ゞ 忙しそうにしてたから。

とりあえず、港の中へ行ってみた。被災しているが建物は結構残っている。

そんな一角に『お酒』『お食事』ののぼりがパタパタなびいていた。

おぉぉ!渡りに船! バイクを止め仮設の店に入った。

そこは食堂ではなく酒屋だった・・・あれ?(^^ゞ

食事は諦め、お土産の地酒を買う事にした。

店主にどれがイイですか?と聞くと、地元の方にはこれが人気ありますよとの事。
D709.jpg

これらを数本と地元産のツマミを買う事にした。

店主と雑談し復興の状況などを聞いてみた、すると気仙沼は建物が残ってしまって問題なんですと言われていた。

陸前高田とか南三陸町のように津波が高く全て流されれば、復興も早いんですが、

気仙沼は正面に大島があって津波が大島にぶつかってそれ程高くは無かったとの事。

(帰ってから地図をみると確かに大きな島が正面にあった)

建物が残ってしまうと、撤去するか修繕するか持ち主との交渉に時間が掛かるそうです。

復興に時間が掛かるのには、いろいろな問題があるんですね。。。

お土産は宅配で送り、酒屋をあとにした。

店主は軒先まで出てきて『ありがとうございました、気を付けて』とニコニコして見送ってくれた。

普通の挨拶なのだが(軒先まで出てきてくれたのはサービスですが)、何か心地良かった。

細やかだが復興のお手伝いが出来たからだろう。。。すっげぇ~自己満足(^^ゞ


ぁ、先を急ごう!

気仙沼からも海岸線を走り南三陸町まで被災地を見ながら、時には停車して写真に収めたりした。

南三陸町からは海岸線を離れ石巻まで南下し、海岸線を戻るよう女川町まで行ってみた。

こちらの方はやはり有名地なので復興はかなり進んでいた。

新築の家がコンクリ基礎が残る更地の中に何件も建っていた。

日もとっぷりと暮れ、風光明媚だったであろう松島を通過した時は真っ暗だった。

被災した海岸線を走るには結構時間が掛かりました。

昨日泊まったホテルルートイン、中々良かったので、本日の宿も同じ系列ホテルにしました。

ビジネスホテルだけど大浴場もあり、部屋もゆったりして、コスパが良いと思う。

19:30ホテルルートイン仙台多賀城に到着。
D710.jpg

長い1日でした。
5/1走行軌跡 走行距離370km 雨 気温4℃
花巻→遠野→琴畑林道・長井林道17km→大槌町→釜石→陸前高田→気仙沼→志津川→女川→石巻→松島→多賀城

明日はいよいよ最終日、福島の被災地を見て帰宅します。

・・・いよいよ最後です

↓宜しかったらポチッとお願いします、励みになります
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


関連記事
13年5月 東北ツーリング 1
13年5月 東北ツーリング 2
13年5月 東北ツーリング 3
13年5月 東北ツーリング 4
13年5月 東北ツーリング 5
13年5月 東北ツーリング 6
13年5月 東北ツーリング 7
13年5月 東北ツーリング 8






13年5月 東北ツーリング その6

ページⅠよりサルベージしました、写真拡大版(若干)です。

D601.jpg

5/1走行軌跡 走行距離370km 雨 気温4℃
花巻→遠野→琴畑林道・長井林道17km→大槌町→釜石→陸前高田→気仙沼→志津川→女川→石巻→松島→多賀城


適な宿泊でした。

ぐっすり眠り疲れも取れた! 電子機器のバッテリー充電も完了した。

キャンプの場合、電源確保が問題になります。

大容量モバイルバッテリーは持っているのですが、ツーリング期間が長くなるとどうしても不足します。

スマホは日中の使用分はバイクから充電してますが、夜テント内で使用すると、どんどん減ってくるし、

カメラはモバイルバッテリーで補充するも、モバイルバッテリーの充電が必要になる。

キャンプ場で、まず確認するのが洗面所、最近の高規格なキャンプ場は水洗トイレは当たり前

(さすがにウォシュレットはないが)なので、洗面所にドライヤーやひげそり用にコンセントがあったりする。

洗面所に無い場合、管理棟外壁に屋外コンセントが無いかチェックしたりする。

自動販売機付近も空いているコンセントがあったりする。

洗面所や管理棟をソロ~と見廻している怪しい奴!・・・・おれだ!おれだ!おれだ!

電源ドロウボウじゃん!・・・確かに。(いけねっ!裏話暴露し過ぎると印象悪くなるな(^^;汗 )

ちょこっと3~4時間ほど目をつぶって m(__)mペコリ

電源付のオートキャンプ場もあるのですが、バイクの場合はねぇ~、自動車用サイトではなく、

フリーサイトで張りたいしネ。。。。

いけね、脱線話が長くなり過ぎた。


日ツーリングマップルで調べ、標高7~800mの山の中腹に林道があるのを確認した。

この標高なら雪はないだろう。ツーリングマップル東北2013には、

琴畑林道6.9km  秋の紅葉時期はすばらしい景観

長井林道9.6km  渓流沿いに走る

とある。

花巻から283号で遠野に行き、この2本(繋がっている林道)を使い大槌町に抜けるコースを取った。

D602_R.jpg

D602_R.jpg

D603_R.jpg

D604_R.jpg

D605_R.jpg

D606_R.jpg

D607.jpg

金糞平(かなくそだいら)の山桜は、推定樹齢約300年のオオヤマザクラです。
標高800mという高標高地の厳しい環境の中で成長しており、岩手県内で最大級のヤマザクラです。

だそうです。

霧でガスる林道途中でいきなり現れたのでびっくりしました。

㋄中旬以降に満開になるそうです、満開なら綺麗だったろうに。。。

琴畑林道・長井林道どちらもフラットな走りやすい林道でした。

落石も少なく、乗用車でも躊躇なく走れるフラットダートです。

ただ、金糞平の山桜付近の左ブラインドコーナーのイン側に長さ2m程深さ2~3mの道路陥没があった。

飛ばしてなかったので避けられたが、速度が出ていたら避けられず一か八か飛ぶしかなかっただろう。。。怖っ! 危ない危ない

関東の過保護な林道ならパイロン&ロープで目印または直ぐに通行止めになっているだろう。

こちらは自己責任の比率が高いのか・・・ワイルドだ!

(ただ単に交通量が少なく発見されてないだけだと思います)

道を十分堪能し、ダートから舗装に変わり、ポツリ、ポツリと人家が現れ、

道の脇を流れる渓流の川幅がやや広くなった頃、道の脇の広い空地にプレハブ小屋が現れた。

一瞬なんだか判らなかったが、それは仮設住宅であった。

こんな山間部に建てたのか!こんな辺ぴな地でとても不自由な生活なんだろうにと思った。

(海からだと数キロ程だったが、山から下って来たらこんな山奥と感じました)
D608.jpg
【webから拝借】

仮設住宅脇に非難されている方に迷惑にならないよう静かに通過した。

そしてそんな仮設住宅地を数ヶ所見ながらいよいよ大槌町に入った。



そこでいきなり目に飛び込んできた光景とは

・・・・つづく

引っ張ってばかりで御免なさい m(._.)m ぺこり


↓宜しかったらポチッとお願いします、励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


関連記事
13年5月 東北ツーリング 1
13年5月 東北ツーリング 2
13年5月 東北ツーリング 3
13年5月 東北ツーリング 4
13年5月 東北ツーリング 5
13年5月 東北ツーリング 6
13年5月 東北ツーリング 7
13年5月 東北ツーリング 8



13年5月東北ツーリング その5

ページⅠよりサルベージしました、写真拡大版(若干)です。

D501.jpg


4/30走行軌跡 走行距離320km 雨・晴れが交互に
大鰐温泉→十和田湖→奥入瀬→三戸→盛岡→花巻


軽になってライディングが楽だぁ。

今までは巨大な荷物と30Lザックでやや前かがみで乗るしかなかった。

やんちゃなお姉ちゃんのスクーター乗り姿勢で良くここまで頑張って来たもんだ。


まずは454号→102号の峠越えで十和田湖を目指す。


D502_R.jpg
十和田湖に向かう454号線 こんなにも雪深い!
D503_R.jpg
十和田湖を望む展望台 GWはまだオフシーズンなのか?誰一人いません!
D501a_R.jpg

D504_R.jpg
写真を撮りそそくさと展望台を後にする。閑散として寒い!風も冷たい。


十和田湖手前でコーヒーブレイク
D506AaR.jpg

缶コーヒーと違いインスタントコーヒーでもお湯沸かして飲むと美味しくホッと一息入れられます。

十和田湖湖畔には寄らずにスルーした。

基本、観光地ってあまり好きでは無いんです。

何ですかね、人が沢山いる場所が好きじゃ無いからか、

観光地ではなく、街の裏道や小道、また林道などで、

ふと目に飛び込んできた絵葉書のような景色に感動するんです。

観光客は知らない景色と思うと、とっても得した気分になるんですよね(^^♪
136765775844513108525_DSC_0239_R.jpg

奥入瀬渓流の下流で小休止。


気は猫の目のように変わった(イヌ派なもんで猫飼った事ないので分かりませんが、どんな風にくるくる変わるのか)

30分も走らない内に晴れたり雨降ったり。。。最初は合羽を脱いだり着たりしたが最後は着っぱなし。

D507A_R.jpg
ここでは合羽を脱いだ時に写真を撮った。
写真の山は八甲田山なのか?今走ってきた十和田湖方面を振り返る。


4号線をひたすら南下する。

D508_R.jpg
後光がさす岩手山

十和田湖から南下して感じたのは、盛岡の手前までがのどかでとても好きになりました。

国道から外れれば盛岡以南でものどかでしょうが、青森県よかったなぁ~。

ワインディングロードと、一般道をのんびり走ったのでホテルルートイン花巻に到着したのは18:55
D509.jpg

D510.jpg
【Webより拝借】
いやぁビジネスホテルは快適だわ。

キャンプに比べれば、暖かい、雨に濡れない、お湯が出る、ベッドは快適、

浴衣で行ってレストランで注文すれが直ぐに食事が出来る、風呂にすぐ入れる。。。などなど

何と言う贅沢。

ただ、物足らない。。。。楽過ぎるからか。



風呂入って、
これ↓をつまみに生ビール2杯  最高ッ! 焼きおにぎり食べて寝る。
D512.jpg
【Webより拝借】



さぁ、明日は林道も走って、そして東日本大震災の爪痕を見る。

・・・つづく

↓宜しかったらポチッとお願いします、励みになります
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


関連記事
13年5月 東北ツーリング 1
13年5月 東北ツーリング 2
13年5月 東北ツーリング 3
13年5月 東北ツーリング 4
13年5月 東北ツーリング 5
13年5月 東北ツーリング 6
13年5月 東北ツーリング 7
13年5月 東北ツーリング 8


13年5月 東北ツーリング その4

ページⅠよりサルベージしました、写真拡大版(若干)です。

2日目の夜7時過ぎ、あじゃらの森キャンプ場(宿泊料金\500)に到着した。

そこに待っていたのは・・・。

超個性的な管理人のお爺さん(^^)

そのお爺さん、とても朗らかでイイお爺さんなのだが、まるで志村けんの老人コントを見ているようなのだ。

私: 温泉に行きたいんですけど日帰り温泉ありますかね? お・ん・せ・ん

爺: えぇぇ何だって?・・・・あぁぁ温泉ね

地図を指しながら

爺: 橋を渡って国道まで出て左折し、暫くしたらまた左折・・・あぁぁえ?これじゃ行がねなぁ
    橋を渡る前に左折して・・・あぁぁ?これは一通だぁぇ・・・

私: ここ曲がれば行けるんじゃないですか?

爺: あぁぁぁ え何だって?

と話が進まない(^^ゞ  とってものんびりした親切なお爺さんなのだ。

ようやく行き方が決まって温泉に入りに行った。

鰐come(わにかむ)日帰り温泉、キャンプ場からバイクで10分程
D401.jpg
【Webから拝借】
D402.jpg
【Webから拝借】
D403.jpg
【Webから拝借】

ても立派な施設で、地元の方が沢山利用しているようだ。

女性演奏者が津軽三味線のライブ演奏をしていた、青森に来たなぁ~って感じ(^^)

露天風呂に浸かっていると若者達が入って来た。

べらべら会話しているのだが、方言で何の話だがさっぱり判らない。

あ~遠くに来たんだなぁ~としみじみと実感した。

温泉で1日の疲れを取りキャンプ場に戻り、晩餐の準備。

今日のキャンパーは私一人、ただ、あの管理人のお爺さんが泊まっているので心細くは無い。
D404_R.jpg

D405_R.jpg

中に『キュ~キュ~』と泣きながら動物が移動していく。

あの鳴き声は確か鹿の筈だ、テントから覗いたが暗闇で見れなかった


・・・お爺さんじゃ無いよね(^^;



明け方に風が強くなり雨が降りだした。雨風ともかなり激しい、夕立のような降り方だ。

日が昇り明るくなると雨は止み、雲の切れ間から青空が見える。

雲の流れが早い、変な天気だ。

D406_R.jpg

D407_R.jpg

日食べきれなかった具材でボリューム朝食(ウインナー1袋・卵2個・レトルトカレー)を食す。

・・・朝から食べ過ぎ! (^^;

コーヒータイムしていると雷と共に雨がザァーザァー降り出した。

しまった!もっと早く撤収すれば良かった・・・トホホ。

かなりの雨量だ、これは止む気配がない、雷が激しいので管理棟に非難した。

スマホで調べると今日の天気は雨、このビショビショに濡れたテントでもう一泊は気乗りしないなぁ。

どうしようかなぁ~。。。どうしようかなぁ~。。。あと2泊。。。

このキャンプ道具がなければ林道も走ること出来るしなぁ。。。。【決定打!】

・・・・えぇ~い、ビジネスホテルにしちゃおう!

スマホで調べ、岩手県花巻のホテルルートインに予約入れた(^^ゞ

さぁ、そうと決まれば撤収だ!合羽を着込み雨に濡れながらテントをたたむ。

あじゃらのお爺さんありがとう、さようなら。

キャンプ場を出発し、コンビニへまっしぐら(^^ゞ

キャンプ道具を自宅に送った、重量19kgで¥1500、便利な世の中だなぁ~。

さぁこれで身軽になった、乗りやすぅぃ~(^^)/


・・・長くなるので次に続きます。


↓宜しかったらポチッとお願いします、励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村



関連記事
13年5月 東北ツーリング 1
13年5月 東北ツーリング 2
13年5月 東北ツーリング 3
13年5月 東北ツーリング 4
13年5月 東北ツーリング 5
13年5月 東北ツーリング 6
13年5月 東北ツーリング 7
13年5月 東北ツーリング 8








プロフィール

中性脂肪600のクマ

Author:中性脂肪600のクマ
中性脂肪600のページⅡの管理人クマです。

2016年3月より30thセロー250にWR250Rから乗り換えました。
林道ツーリングやキャンプツーリングの記録を更新したいと思っています。

2017年8月にDUCATI Scrambler Urban Enduro増車

ブログ名は、検査したら中性脂肪が600mg/dLだったので。
最近検査したら150mg/dLに落ちていました(^^)/

     
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
 
  
RSSリンクの表示